音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

JOINT (2003年, RIP SLYME)

この疾走感溢れるサウンドは走りたくなる! はしるぞ~~! ジョギングがチマタで流行っていますね。走っているランナーを見かける今日このごろ! 何かしなきゃと焦る自分がいます。 実は私、昨年度に地元のマラソン大会にて、ハーフマラソンという種目に初…

奏逢 (2009年, Bank Band)

これぞ作り手の想いがつまった曲だ! 音楽作るって本当にカッコいいと思える曲 Bank Bandの奏逢(そうあい)です。 Bank Bandは音楽プロデューサーの小林武史さんとMr.Childrenの桜井和寿さんを中心として結成されたバンドです。 小林さん、桜井さん、そして坂…

Til I Hear It From You (1996年, Gin Blossoms)

ノスタルジックな音と、哀愁漂う不思議な魅力があるのだー! この楽曲を聴いていた時期、「洋楽しか聴かない病」という謎のやまいを発症し、1年間くらい、洋楽ばかりを聴いていた時期があったのを思い出しました。 皆様はそんな経験はありますでしょうか? …

望遠のマーチ (2018年, BUMP OF CHICKEN)

さわやかなサウンドが躍動感と共に押し寄せてくる! こっ・・・このバンド・・・ 底が知れん!! イントロのキラキラ感、AメロとBメロの躍動感、サビの「いこうよ」のリフレイン、バックで流れる音、さわやかと華やかさが押し寄せる映像、そして絶妙のスピー…

爆裂パニエさん (2011年, tricot)

巧みなギターサウンドとトリッキーなリズムに病みつきだ! tricot(トリコ)は2010年に結成された女性3人、男性1人のメンバー編成のロックバンドです。 メンバー中嶋イッキュウ(ボーカル・ギター)キダ モティフォ(ギター・コーラス)ヒロミ・ヒロヒロ(ベ…

青春の影 (1974年, チューリップ)

名曲はいつまでも色褪せない! ただただ、かっこよい。 今の方が、昔の声よりも好きだーー! チューリップは1971年に結成された音楽グループ、この『青春の影』は今聴いても、なぜか古さを感じない。 フォークや歌謡曲が主流だった音楽シーンにポップス(&…

悲しみの果て (1996年, エレファントカシマシ)

悲しみの果てには、素晴らしい日々があるんだ! エレファントカシマシは1981年に結成されたロックバンドです。通称エレカシ。 まだまだ現役、エレカシが最前線で活躍していることは本当に素晴らしい。それだけ深い魅力を持ったロックバンドだと思います。 今…

BYE BYE (2009年, PUFFY)

この曲を聴いていると自然と涙が溢れてくるんだ PUFFY(パフィー)のBYE BYEという曲を知っておられますでしょうか? 少し切ない、ラブソング この楽曲はフジファブリックの志村正彦さんによって手掛けられたものです。 映像は2010年7月に行われたフジファブリ…

I Don't Care (2019年, Ed Sheeran & Justin Bieber)

スペシャルなコラボとはこういうことかぁーー! この2人のコラボはやはり凄かった。 いい曲をありがとう! 聴く前はエドシーランとジャスティンビーバーのコラボと聞いて、かなりハードル上げていたのですが、その上をいく完成度でした。 現在の洋楽トレンド…

にんげんっていいな (2008年, ガガガSP)

哀愁漂うパンクロックに脱帽だぁーー! そう、皆様ご存知のまんが日本昔話の名曲、 「にんげんっていいな」です。 えっ、なにっ知らない!? 学校で習わなかった! あのヒト、ウサギ、クマ、キツネ、モグラたちのにぎやかで楽しい映像、そして素晴らしいエン…

Emerald Music (2014年, SAKEROCK)

インストバンドはなんてカッコいいんだ! インストゥルメンタル(instrumental)、 その意味は歌のない楽器のみで構成された音楽のことです。 バンドの主役のボーカルがいないのに・・・。 やはり音楽は歌ありき、と思う人も多いのではないでしょうか! しか…

青と夏 (2018年, Mrs. GREEN APPLE)

少年少女各位、最後の夏は自分に勝て! "青と夏" あつい夏がくる前の 初夏にオススメの楽曲 学生時代が懐かしい! そして今しかないその時を大切に! Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)は、2013年結成された男女5人組ロックバンドです。 メン…

Moon River (1961年, Audrey Hepburn)

まるで映画の世界に引き込まれれそうだ! オードリー・ヘプバーンさん (Audrey Hepburn、1929年 - 1993年) ハリウッド黄金時代?に活躍されていたイギリス人の女優さんです。 オードリー・ヘプバーンといえば、いまだに映画界、ならびにファッション界のアイ…

Lucky (1997年, Supercar)

この楽曲に出会えればラッキーなのにね! SUPERCAR(スーパーカー)は、1997年にデビューし、2005年まで活動していた4人組ロックバンドです。 1997年の音楽シーンは小室サウンドの全盛期、Globe、安室奈美恵さんの『CAN YOU CELEBRATE?』、ミスチルでは『Eve…

Forever (2015年, Ykiki Beat)

若さほとばしる完成形ミュージック! 若さあふれ出る音楽なのに、こんなに完成されていいのだろうか!? Ykiki Beatの ”Forever” です。 Ykiki Beatは明治学院大学在学中に2012年に結成された5人組ロック・バンドです。 メンバー Nobuki Akiyama (ボーカル、…

黄昏 '95~太陽の季節 (1995年, TOKYO No.1 SOUL SET)

新感覚のラップと文学的歌詞がすごい! ライ ラライ ライライライ ライライ ライラライライライ🎵 「ライ」の数、 本当に合ってますか・・・? 口では言えるのに 書いていると分からなくなる~~❗ いつの間にかライライが イライラになってる~~ (>_<) さて、…

How You Like Me Now? (2000年, m-flo)

近未来フォーエバー! m-flo(エム-フロウ)です。 "How You Like Me Now?" この曲は擦りきれるぼど聴いています。 それぐらい好きな曲。 いまだに古くならないサウンド、約20年前の音楽とは思えない。そして聴き飽きない。 当時からそれを思わせるような未…

Do Well (2018年, SIRUP)

グルーヴィーなサウンドとSingがグレイト! すげーこの曲、メロディーが少ししかない。 リズム、ビート、ラップでこんな音作りできるなんて、実力派シンガーである証拠だぁ~! 今回はSIRUP(シラップ)さんの「Do wel」です。 HondaのVEZEL (ヴィゼル)のCM に…

The New Pollution (1996年, Beck)

アバンギャルドな音楽と映像がすごい! いま見ても、アバンギャルド 耳に残るぞ この音楽と映像わ~~! ちなみにアバンギャルドとは日本語に訳すと前衛的、時代に先駆けているという意味です。 Beckと言えば日本ではハロルド作石さんのバンド漫画『BECK』を…

RADWIMPS (2006年, 有心論)

この楽曲は究極のエキサイトメントソングだ! RADWIMPS(ラッドウィンプス)は2001年に結成された4人組ロックバンドです。 バンド名はradicalのスラングで「すごい」「いかした」などの意味を持つ「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み…

ギリ昭和 (2019年, キュウソネコカミ)

改元! いや~明るい、明るい✨ 元気がでる! そして 明治っ、大正っ、昭和っ、平成っ、Jump! めちゃくちゃ語呂よしです。 いよいよ令和(レイワ)の時代が始まりました! キュウソネコカミらしい音楽で、ギリギリ昭和に産まれた人(ギリ昭和世代)のあるあるを…

エイプリル (2016年, mol-74)

春の情景に淡々と流れるメロディーが切ない! mol-74(モルカルマイナスナナジュウヨン)は、2010年に結成された4人組ロックバンドです。 名前が難しい(>_<) 単純にmol-74 (モル74)で、いいんじゃないのっと思ってしまったのは私だけか! その由来は化学の世…

誰かの願いが叶うころ (2004年, 宇多田ヒカル)

この楽曲は他に代わりがきかない! いいスピーカー いいヘッドホン いい音で聴いて欲しい。 そうすれば、魅力は倍増。 宇多田ヒカルさんの名曲、"誰かの願いが叶うころ" です。情緒的な歌詞、美しいメロディー、歌声、全て素晴らしい、パーフェクトです。 イ…

LEMONADE (2018年, I Don't Like Mondays. )

スタイリッシュで、甘酸っぱい! ジメジメしそうなので、 つい夏を先取り 軽快な音楽がいいですね~! たまにはこういう音楽も聴きたい! I Don't Like Mondays.はバンド名の通り、月曜日の憂鬱を吹き飛ばすスタイリッシュ・ロックバンドです。通称アイドラ…

風をあつめて(1971年, はっぴいえんど)

文学的な歌詞と響く豊かな低音ボーカル! はっぴいえんど(HAPPY END)は、1969年から1972年まで活動していたバンドです。 メンバーは細野晴臣(ボーカル・ベース・ギター・キーボード)大瀧詠一(ボーカル・ギター)松本隆(ドラムス・パーカッション)鈴木…

bye-bye 999 (2014年, ゲスの極み乙女。)

美しいメロディーとのギャップが恐ろしい! この世界観、 メロディーの美しさ、 語り、 歌詞、 好き嫌いあるが、それでも印象強く心に残るのは確か、そんな曲です。 今回は、ゲスの極み乙女。 "bye-bye 999" です。 メンバー川谷絵音(ボーカル・ギター)休…

bad guy (2019年, Billie Eilish)

音楽はイマも進化を続けている! ヘヴィーな低音ベースと絶妙にかすれたつぶやきボイスが、あー頭の中でぐるぐるまわるぞ~(@_@) いや~すごいすごい! まいった、まいった。 ミュージックビデオがインパクトありすぎて最初は音楽が頭に入ってこなかったんで…

DJDJ [for RADIO](2003年, KICK THE CAN CREW)

この曲にはRADIOの良いところがにじみ出てるんだ! ラジオが好きなんで、この一曲。 小さい頃、ラジオは唯一の音楽情報源でした。 私はあまりメッセージを送ったことはなかったのですが、ラジオネームでの投稿など、DJとリスナーとのやり取りが面白いです。 …

デイ・ドリーム・ビリーバー(1989年, 忌野清志郎) 

ブルース、ロック、グレイトソング! 清志郎 師匠です。 忌野 清志郎さん(いまわの きよしろう、1951年4月2日 - 2009年5月2日)は偉大なブルースロックミュージシャンです。生き方そのものがロックでした。亡くなられてから、もうすぐ10年が経とうとしてい…

ナイトフィッシングイズグッド (2008年, サカナクション)

この展開は素晴らしすぎるぞ! サカナクションはなんてすごいんだ❗ 昨年度、映画ボヘミアンラプソディーの影響もあり、クイーンが流行りましたね。素晴らしい音楽が広く知られることになって嬉しい限りです。 特にクイーンを知らない若い世代にも聴いてもら…