音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

2010年~2019年 邦楽

Contact TOSHIKI HAYASHI (%C) remix (2017年, 鈴木真海子)

優しくGoodなアンニュイ ラップが心地よい! 緑が深い 日が長い そして暑い・・・。 そんな時に聴きたくなるようなミディアムナンバー、鈴木真海子さんの『Contact (コンタクト)』です。 鈴木真海子さん 2人組女性ラップ・デュオであるchelmico(チェルミコ…

クロノスタシス (2014年, きのこ帝国)

あなたはクロノスタシスって知ってますか? 不思議の曲だ そしてつかみどころがない 初めて聴いた時にはそんな印象をもった 唐突に流れてくるサビのメロディー 何度も入れ替わる曲展開 浮遊感ある透き通る声 頭の中で浮かんだ音を そのままつなげたような即…

Fever (2013年, TRICERATOPS feat.小田和正)

ハーモニーの素晴らしさに魅せられる! アコースティックギターの弾き語り、ドラム、ベースのシンプルスタイル、それだけで魅せられる音楽が素晴らしい!TRICERATOPS(トライセラトップス)の『Fever』に、小田和正さんが参加されている?! 映像は2013年1月…

ランデブーに逃避行 (2018年, ジェニーハイ)

何かしたいのにしたくない!曲、声、ピアノ、究極のバンドサウンド! ピアノの跳ねる音が心地よい そしてバンドサウンドとの融合 こんなにも綺麗で美しい旋律になるのか・・・ さらに浮遊感のある澄んだ歌声 ジェニーハイの『ランデブーに逃避行』 ジェニー…

虎 (2010年, ハンバートハンバート)

ゼロからイチを産み出すのは苦しい・・・、だからこそ心に残る ピアノと歌声だけのシンプルな音 しかし、2人の声が重なると 不思議と深い深い音になる 『虎』という曲名 最後に虎になれずに溺れるとあるが・・・ いったい何のことを意味しているのか? 気に…

サーカスナイト (2012年, 七尾旅人)

美しい旋律、魔法よ、解けないで・・・ 脳内に浸透してくる心地よいサウンド 美しい旋律と言葉、刹那と永遠の対比 心が揺れ動く 目の前で 魔法が解けてゆく 焦る気持ち 切ない切ない気持ちになる・・・ 七尾 旅人さんの『サーカスナイト』 七尾 旅人(ななお…

Lush Life! (2018年, clammbon)

実りある豊かな人生を歩く! ネガティブな気持ちは 全てどこかに翔んでいった ワクワクするビート 豊かな気持ちになれる感覚 温かくなってきた 前へ、前へ、歩きたくなる❗ 明日は何かいいことあるんじゃないかなと そんなことを思える・・・ clammbon (クラ…

愛はおしゃれじゃない (2014年, 岡村靖幸 w 小出祐介)

一途な気持ちを伝えるとは!? ダンサブル ベリーポップ なんてカッコいいんだ!? この躍動感 モテたいぜ君にだけに・・・ くてぃびる!? 岡村靖幸さんの『愛はおしゃれじゃない』 2014年に発表された岡村さんの28枚目のシングル、ロックバンド・Base Ball…

ミュージックプランクトン (2011年, SAKANAMON)

脳内進行していく語音が美しい! プランクトン 海に漂う小さな生き物 魚たちはそれをエサとして生きている 日常でその有り難みは実感できないが なくてはならない存在 SAKANAMON(サカナモン)は2007年に結成されたスリーピースロックバンド。バンド名の由来…

ゆるりゆらり (2017年, DENIMS)

未開地へ辿り着く、ゆるりゆらりの精神で! ドューワ ワラッパッパラ~~ ドューワ ワラッパッパラ~~ フゥ~ウゥ~~ 古い物好きだけど新しい事をしたい 大人だけど子供のように お洒落だけど泥臭い そんなバンド DENIMS (デニムス) 彼らの奏でる心地よい…

海と花束 (2013年, きのこ帝国)

花束は海へ、″ごめんね″の呼び掛けに悲しみが溢れる 紬ぎ出される音に 感情と感覚が揺さぶられる・・・ 海と花束 イントロの激しいギターサウンドからの 透き通るボーカル 心をつかまれる この感覚はなかなかない きのこ帝国ってなんだ 少し風変わりなバンド…

Weapons of mass distraction (2011年, andymori)

美しいメロディー、儚い唄、意味しているのは何なのか! 先日、深夜0時ごろ TwitterのLive配信なるものがあり andymoriのボーカルであった小山田さんの声 映画『ティファニーで朝食を』より Moon Liver(ムーンリバー)が流れた 静寂のなかに響く声 その場にい…

新世代 (2017年, Tempalay)

このループと浮遊感は気持ちいい! クリック、オン、ダイブ クリック、オン、ダイブ あ~頭の中でくるくるまわる音楽 不思議なリフレイン いいところ突いてきますわ❗ Tempalay (テンパレイ)の「新世代」です。 ミュージックビデオもループを意識した構成にな…

80denier (2019年, kiki vivi lily)

オシャレな音と特徴的なリズム、そしてやんわりサディスティックな歌詞がよし! 女性の心を巧みに描いた歌詞 オシャレな音とビートが何とも言えない Denier (デニール)という言葉を初めて知った kiki vivi lily (キキ・ヴィヴィ・リリー)さんの『80denier』…

Bokura (2015年, ヘクとパスカル)

澄んだ音と声、淡い景色が思い出される! ″ヘクとパスカル″ は映画監督の岩井俊二さん、女優でシンガーソングライターの 椎名琴音さん(Vo)、作曲・編曲家の桑原まこさん(Piano)により2013年に結成されたバンドです。 カラーの異なる3人が織りなす、色彩…

ひとりの夜を抜け (2018年, Lucky Kilimanjaro)

このサウンドを聴けば、夜を歩きたくなる! Lucky Kilimanjaro(ラッキーキリマンジャロ、通称:ラッキリ) ラッキーキリマンジャロは東京を拠点としたエレクトロポップバンドです。ボーカルの熊木幸丸(クマキユキマル)さんを中心とした6人組み、2014年から音…

想うた(2019年, キヨサク [MONGOL800] )』より

新年のご挨拶 明けましておめでとうございます。 音楽紹介を始めてから約一年が経過しました。皆様の温かいお言葉、励みになっております✨ 昨年末は忙しく、なかなか更新できませんでしたが、これからも少しずつ継続更新していきたいと思います。 また皆様の…

ロマンチシズム (2019年, Mrs. GREEN APPLE)

オモチャ箱をひっくり返したかのようなワクワク感がたまらない! Mrs. GREEN APPLEの『ロマンチシズム』 ファルセットの響きがなんて心地よいんだーー❗ Mrs. GREEN APPLE(ミセス・グリーン・アップル)は、2013年結成された男女5人組ロックバンドです。 メ…

WHAT YOU GOT (2017年, tofubeats)

君の実力を見せてくれ! このおっちゃんのダンスが頭から離れない❗ リズミカルな音楽! 見続けてしまうループサウンド でも不思議とオシャレでかっこいい tofubeatsさんの『WHAT YOU GOT』です。 tofubeats(トーフビーツ)さんは歌手、音楽プロデューサー、…

オドループ (2014年, フレデリック)

この不思議な音のループが耳から離れない! フレデリックの『オドループ』、不思議な音のミックス、好奇心がそそられる。踊り出したくなるリズムが頭の中でグルグル回るーー \(・_・)7 \(・_・)7 ) ) ) ) |⌒> |⌒> ハイッ (・_・) (・_・) /( (\ /( …

Balloon (2019年, chelmico)

等身大の歌詞、切ないメロディーに玄人ラップ、音楽フラッシュバックが起こる! chelmico(チェルミコ)の音にゲキハマリ中・・・ その中でも、この楽曲は好きすぎる 『Balloon(バルーン)』 chelmicoチェルミコとは2014年に結成されたRachel(レイチェル)さん…

now (2019年, showmore feat. SIRUP)

グルーヴィーで深みあるサウンドが響く! ジャズをベースとした音が、2人の声と重なり合う時、何とも言えないオシャレでグルーヴィーなサウンドになるんだぁーー❗ showmore(ショウモア) Sirup(シラップ) この2組のコラボとくれば、楽曲はすごく良いに違いな…

革命前夜 (2017年, Tempalay)

オサレなMUSICに取り付かれる! 今注目度No.1のバンド、Tempalay (テンパレイ)、何故かというとこんなバンド、後にも先にもいないから、やっぱりすごい! Tempalayはボーカルの小原綾斗さんを中心として、2014年に結成された3人組ロックバンドです。 メンバ…

シャロン (2014年, 中村佳穂)

まるで音で心をわし掴みにされているようだ! 中村佳穂さんの シャロン 冒頭の曲紹介から、息をのむ・・・ 彼女の言葉に惹き付けられる 静寂の中に音が響く 今までこの歌を唄った時に 「あなたの、そのシャロンという名前の中には何が入っているのかい?」と…

忘れられないの (2019年,サカナクション)

脳内で何度もリバイバルする音楽が凄い! サカナクションの "忘れられないの" 違和感たっぷり、80年代を意識したこの楽曲、皆様はどう感じられましたでしょうか!? ミュージックビデオのインパクト、初めて見た時は、やはり衝撃を受けました。ブラウン管テ…

オーケストラ (2016年, BiSH)

ミラクルが重なり合った時、素晴らしいサウンドが生まれる! お恥ずかしながら・・・ アイドル関連情報に、めちゃくちゃ疎いです、わたし。 しかし、この楽曲は例えるなら沼、ハマってしまうと、簡単には抜け出せねぇ・・・。何度も聴いてしまう魅力的な音、…

異邦人 (2016年, EGO-WRAPPIN')

オリエンタルなサウンドに心奪われる! 異邦人(いほうじん) どこかオリエンタルな雰囲気漂います。原曲は1979年に久保田早紀さんによって作詞作曲され、リリースされました。 多くのアーティストにカバーされている名曲です。原曲の久保田早紀さんのバージョ…

Pretender (2019年, Official髭男dism)

明確な言葉と音、伝えられるシングがすごい! 彼らの曲を聴くと、これまで忘れていたことに気づかされます。伝えることは大事なんだ、言葉と音が、こんなにはっきりと明確に聴こえてくるなんて・・・。 Official髭男dism (オフィシャルヒゲダンディズム) のP…

ハッピーウェディング前ソング (2018年, ヤバイTシャツ屋さん)

複雑な曲展開と印象的な転調が素晴らしい。 ヤバいTシャツ屋さんの「ハッピーウェディング前ソング」です。 ヤバいTシャツ屋さんは大阪芸術大学に在学していた軽音楽サークルのメンバーによって、2012年に結成されたスリーピースロックバンド、略称ヤバT。 C…

明るい未来 (2016年, never young beach)

昭和歌謡のオーラをまとったビーチソング! never young beach (ネバーヤングビーチ)、通称ネバヤンは、2014年に結成されたロックバンドになります。 メンバー安部勇磨 (Vo&Gt)阿南智史 (Gt)巽啓伍 (Ba)鈴木健人 (Dr) 松島皓(Gt) [旧メンバー] never young …