音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

ランデブーに逃避行(2018年, ジェニーハイ)

曲、声、ピアノ、究極のバンドサウンド!

 

ジェニーハイの音楽は、悔しいが本物だと思う・・・。どうしてこんないい曲作れるんだろう。

 

メンバーは

川谷絵音(ギター) ゲスの極み乙女
小籔千豊(ドラムス) 吉本新喜劇
くっきー(ベース) 野性爆弾
中嶋イッキュウ(ボーカル) tricot
新垣隆(キーボード)音楽家 ゴーストライター

の5名で構成される、異色バンドです。

 

ジェニーハイはBSスカパーのバラエティー番組「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるために始動したプロジェクトだそうです。

 

番組レギュラーの小籔さん、クッキーさん、イッキュウさんの3名でバンドを組むにあたり、作曲ができ、プロデュースできる人物として、ゲスの極み乙女の川谷さんにプロデュースを依頼。

 

さらに、めちゃくちゃ上手いキーボード奏者として、番組で共演したことのある新垣さんを迎え、個性的なバンドが出来上がっています。

 

バンド名のジェニーハイは、このバンドに集まった人達は違う形ではあるが、各分野の天才が集まっており、バンド名として、フランス語の天才の意味「ジェニー」が挙げられたが、それは恐れ多いと、「天才を越えたい!」を意味する「ジェニーハイ」となったそうです。

 

そして、アルバム2曲目に収録されているこの「ランデブーに逃避行」はピアノの響きがあまりにも心地よく、印象的で、頭の中で鳴りやまないです・・・。

 

新垣さんのピアノは絶妙なバランスで後ろで鳴っており、なんて美しいピアノ音なのかと思います。

 

歌詞も非常に面白いです。

何かしたいのにしたくない
布団出たいのにあったかいから
私の世界で考えれば
それはそれは平和

 

この「何かしたいのにしたくない」の一文、ものすごく気持ちが分かります。一歩踏み出したいのに怖くて、面倒くさくて、なかなか行動に起こせないのが、まさに寝起きのような感覚です。

 

またイッキュウさんの爽やかな声が印象的です。声が好きになって最近はtricotもよく聴いています。tricotではかなりロックでクールなイメージ、全然違います。

 

さらに、この楽曲はバンドメンバーの個性を活かすための曲構成が成されており、バンドそのものの素晴らしさが伝わってきます。

 

今後もぜひ新曲を定期的にお願いしたい!

 

 

音楽ソムリエ 

なゆた

 

 

 

ジェニーハイ (初回限定盤)<CD+DVD>

ジェニーハイ (初回限定盤)<CD+DVD>