音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

今夜はブギー・バック(1994年, 小沢健二 featuring スチャダラパー)

 J-POPのイノベーション

 小沢健二とスチャダラパーによるコラボレーション楽曲、1994年に発表された曲であり、25年前の作品ですね。現在は原曲よりも、カバー曲の方を先に知った人が多いかもしれないです。

 

小沢健二がメインの"nice vorcal"バージョンと、スチャダラパーがメインの"smooth rap"バージョンが2枚同時リリースされており、アーティスト間のコラボレーション作品の"さきがけ"と呼べる楽曲です。

 

小沢健二の音楽は、力まない、やさしく、爽やか、オシャレというような印象がありますが、スチャダラパーのラップが入ることで、リズミカルに、かっこいい印象になります。

 

当時ラップはまだ浸透しておらず、かなり挑戦的な作品だったのだと思います。オリコン最高位も15位だったことからも、ものすごくヒットしたわけではないのですが、革新的な作品だったため、さまざまなアーティストによるカバーやアレンジバージョンが、CMなどで現在も多く使用されています。

 

歌詞の掛け合いが面白く、一見即興で作られたような、(適当・・・?)に思える歌詞ですが、実はきちんと韻をふんでいて、頭にすっと入ってくる聴きやすい曲になっています。

 

よくない コレ、コレ よくない?

よくなく なくなく なくなくない?

この部分が私は一番好きですが、深い意味というよりは言葉の響きを重視して作詞されたとのこと、といっても言葉を選ぶセンスのよさに感心しますね。

 

また、この曲はTOKYO No.1 SOUL SET、KREVA、HALCALIなど多くのミュージシャンによってカバーされていますが、私のお気に入りは宇多田ヒカルバージョンかな。

 

この音源はCDとして、発売されたわけではなく、ライブのゲストとして、スチャダラパーを呼んで披露しています。なんと当時16歳とのこと、歌い出しハスキーな声が良すぎて、気持ちを完全に持ってかれました。この音源はぜひCDとして発売してほしいですね。

 

他のアーティストのカバーも良い作品が多いので、ぜひ聴いてみてください。

 

いい音楽は素晴らしいですね。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

LIFE

LIFE

  • アーティスト: 小沢健二,スチャダラパー,服部隆之
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1994/08/31
  • メディア: CD
  • 購入: 11人 クリック: 1,152回
  • この商品を含むブログ (747件) を見る