音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

ミュージック(2013年, サカナクション)

音楽に挑み続けること!それがMUSIC!

サカナクションの "ミュージック" 

 

知らず、知らずに、この曲めちゃくちゃ聴いてしまってる人も多いのではないでしょうか。私も繰り返し聴いてしまいます。(>_<)

 

サカナクションは、日本のロックバンドと位置付けられているようですが、テクノサウンドをうまくミックスした独特のサウンドが魅力のバンドです。

 

メンバーは
山口一郎(ボーカル・ギター)
岩寺基晴(ギター)
草刈愛美(ベース)
岡崎英美(キーボード)
江島啓一(ドラムス)


f:id:ongaku_somurie:20190222123755j:image

サカナクション公式サイトより

 

リーダーの山口さんがほとんどの楽曲を作詞作曲しています。"釣り" 好きで知られており、サカナクションのバンド名になった理由の1つになっています。

 

ミュージックは題名からも分かるように、彼らの音楽を表現した曲です。山口さんはこの楽曲を「自分たちが音楽にどのように向き合っていくのかを歌にしたもの」と語っています。

 

最初のイントロ、無音から始まるのでとても印象的ですね。わざと無音の時間をとることで、すごく音が強調されて、リズムにのれるようなイントロになっています。

 

ミュージックビデオで山口さんが、🎧ヘッドホンを付けて、リズムをとる場面がありますが、まさにリスナーはこんな感じで聴いてしまうのではないでしょうか。

 

そして、楽曲は非常に複雑で工夫を凝らしたものになっています。1つ1つの音を分解して聴くと、いろんな音が鳴っているのに気づきます。

 

ベース音の変化、切り替えの電子音、大サビの木琴音などなど、いろんな音がバックで変化しながら、流れ聴こえてきます。

 

そして複雑に音が合わさり、重なりあって、1つの音楽に纏まる時に感動が起こります。

 

通常、音を増やしすぎると纏まりがなくなるのですが、ものすごく一体感が出ているのは圧巻です。

 

また、曲が非常によく、テクノサウンドなので、歌詞を見落としがちですが、歌詞もgoodです!

 

(簡単に意訳すると)

故郷から出てきて、仲間と離れ、知らない町で痛み、傷ついてきたんだけど、故郷に戻ると、今まで感じていた痛みが消えてしまう。

 

しんどい状況で

代わりに泣いてくれる人がいる。

 

何をしていたか思い出せずに嫌なときも

疲れ、痛み、傷にさらされることがあっても

弱い僕でも、ずっと歌い続けるよ

 

自分達の音楽への姿勢を表現した一曲、

良い作品に感謝です。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

 

sakanaction (通常盤)

sakanaction (通常盤)