音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

REEEWIND!(2004年, m-flo loves Crystal Kay)

巧みなリリックとフロウの融合!

 

m-flo(エム-フロウ)は、

VERBAL(MC)
☆Taku(DJ)
LISA(ボーカル)

で構成される、日本の音楽グループ、プロデュースユニットです。1998年の結成から多くの名曲をリリースしてきました。当ブログでも過去にbeen so longを紹介しています。

 

しかし、LISAが2002年に突然脱退してしまいます。理由はソロ活動に専念するためとされていましたが、最近のインタビューでは、「音楽活動が忙しくなりすぎて、メンバーとのコミュニケーションがうまく取れなくなってしまった。」と語っています。そう不仲です (>_<)!

 

メインボーカルを失ったVERBALとTakuは曲ごとにゲストボーカルを招く、Lovesシリーズを開始します。Lovesシリーズは約4年間にわたって続き、合計41曲の"Loves"ナンバーが世に送り出されています。

 

実は彼らはLISAが脱退する前から、多くのアーティストのプロデュースやフューチャリングなどを手掛けていました。

 

脱退する年と同じ2002年には、自分達が m-flo以外で関わった楽曲について "ソトシゴト" という名前でアルバムがリリースされています。

 

 

そして、Lovesシリーズの第一段がこのREEEWIND!です。ゲストボーカルはCrystal Kayでした。

 

イントロでNewボーカルの発表のアナウンスが流れ、曲へと進行していくんですがm-floらしい最高のイントロです。

 

m-floは多くの女性ボーカルとコラボしていますが、本当にいつもボーカルの声が引き立ちます。Crystal Kayの独特なハスキーがかった声、いいですね。

 

そしてm-floといえばVERBALのラップと言葉遊びです。この人、本当に上手い。

言葉のチョイス、フロウ(歌い方や掛け合い)、音の取り方、Good です。またライブでも、CD とほとんど変わらずなので、ビックリします。

 

歌詞は10~20代の恋愛をテーマにしており、失恋ソングなのですが、曲調が明るいので、すごくポジティブな印象を受けます。

 

また、日本語と英語のミックス、言葉遊びや響きが、素晴らしいので、大人になっても、聴き続けられます。(歌詞だけを字面だけで見ると、目がチカチカするので注意が必要です。)

 

そんなm-floですが、2017年にLISAがCome Backして、勢力的に活動中であり、今後が楽しみです❗

 

いつか自然な感じで、キャップ2個をかぶり、着こなせる男になりたい。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

ASTROMANTIC(CCCD)

ASTROMANTIC(CCCD)

  • アーティスト: m-flo,Lori Fine,矢島正明,Patrick Harlan,BoA,DOUBLE,坂本龍一,野宮真貴,Crystal Kay,BOY-KEN,melody.
  • 出版社/メーカー: rhythm zone
  • 発売日: 2004/05/26
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 174回
  • この商品を含むブログ (155件) を見る