音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

天体観測 (2001年, BUMP OF CHICKEN)

ウナル複雑ギターサウンド!

 

BUMP OF CHICKENは1996年に結成されたロックバンドです。この天体観測は彼らのメジャーデビュー後の2枚目のシングル曲です。

 

BUMP OF CHICKENを代表する曲ですね。

 

メンバーは

藤原基央(ボーカル・ギター)
増川弘明(ギター)
直井由文(ベース)
升秀夫(ドラムス)

 

ボーカル・ギターの藤原さんが作詞作曲をしています。初期の楽曲ということもあり、疾走感、若さ溢れるバンドサウンドになっています。

 

イントロ部分は8本のギターを用いて流れ星を表現したということですが、分かりましたでしょうか?

 

ギターを何本使っているかはともかく、言われてみればイントロで、ツーという音が確かに聴こえます。これは流れ星をイメージしていたのですね!

 

さらにギター音が曲中で複雑に鳴っています。いろんなギター音が合わさり1つの楽曲に成り立っているので、注意して聴くと面白いですよ!

 

また藤原さんの声は低音が凄く良いですね。高音が響く歌い手は多いのですが、低音の響きが特徴的なシンガーはなかなかいません。

 

そして、やはりBUMP OF CHICKENの最大の魅力、歌詞表現が素晴らしいです!藤原さんの生み出す歌詞は意味を考えるほど深く、いつも驚かされます。

 

午前二時 フミキリに望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ雨は降らないらしい

二分後に君が来た大袈裟な荷物しょって来た
始めようか天体観測ほうき星を探して

導入部ですが、君が誰なのか? 友人、恋人、過去の自分など、色々考えさせられます。

また「二」という数字が効果的使われており、この後の「二人」にもつながっていきます。

 

深い闇に飲まれないように精一杯だった
君の震える手を握ろうとしたあの日は

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった
"イマ"という ほうき星 君と二人追いかけていた Oh Yea Ah

 

一見ラブソングにも思えますが、友達同士のイマ(ほうき星)、未来(見えないもの)を表現しているようにも思えます。

 

この後、一番の歌詞とは違い、未来に向かっての模索、もがく様子が伺える歌詞が続きます。そして "幸せの定義"、"哀しみの置き場"など、印象に残るワードがたくさん配置されています。

 

続いて、君に伝えたい、つながりを持ちたいが、それができないもどかしさの表現へと続いてきます。

"宛名のない手紙も崩れる程重なった" という表現は絶妙、詩的で素晴らしいです。

 

予報外れの雨に打たれて 泣き出しそうな
君の震える手を 握れなかった あの日を

ここが重要ポイント、予想通りにはいかず、力に慣れなかったことへの後悔が綴られます。そして終盤へとなだれ込んでいきます。

 

見えてるモノを 見落として 望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の帰り道を 駆け抜けた
そうして知った痛みが 未だに僕を支えている
"イマ"という ほうき星 今も一人追いかけている

もう一度君に逢おうとして 望遠鏡をまた担いで
前と同じ 午前二時 フミキリまで駆けてくよ
始めようか 天体観測 二分後に 君が来なくとも
"イマ"という ほうき星 君と二人追いかけている

 

終盤はたたみかけるように続く、ドラマチックな歌詞、ギターサウンド、見事です。

 

藤原さんは、この曲のキーワードは「予報はずれの雨」にあり、「答えの無いところに答えを探す歌を書いた」と述べています。

 

私の場合は、「過去への後悔を抱きながらも、未来を模索し、そのために現在を精一杯生きる。」というような物語を感じました。

 

歌詞の意味は一義ではなく、リスナーが、それぞれの状況に応じて解釈すれば良いと思います。

 

"答えは見つからないが、それを探してもらう歌" という藤原さんが出したキーワード。

 

まるで、意味を解釈するのが難しい楽曲を、星を見つけようとする "天体観測" に比喩されているのかもしれません。

 

皆様はどんなことを思われましたでしょうか? 人によって、様々な意味がある。それが音楽のいいところ!

 

1粒で3度おいしいBUMP OF CHICKENでした。

 

音感ソムリエ

なゆた

 

jupiter

jupiter