音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

アニー (2017年, ズーカラデル)

なんて切ない音楽なんだ!

 

あ~、この曲はジワジワと引き込まれてしまう!

めちゃくちゃ切なくて、胸が締めつけられるぞ!

 

ズーカラデルのアニーです。

聴けば聴くほど引き込まれる系です。

この楽曲、3回聴いたら頭の中で鳴り止みません。

 

ズーカラデルは、2015年に結成されたスリーピースロックバンド、バンド名は「動物園(英語:ZOO)から出る」に由来しているとのこと。

 

メンバーは

吉田崇展(ボーカル・ギター)
鷲見こうた(ベース)※2018年3月~
山岸りょう(ドラムス)

※コナ(ベース)2018年2月に脱退


f:id:ongaku_somurie:20190323232402j:image

ズーカラデルofficial HPより

 

スリーピースロックでありながら、独特のしっとり感があり、メロディアスという表現が相応しいのでしょうか、この "アニー" 本当に美しいメロディーです。

 

しょっぱなのカウントダウン後、イントロの伴奏が最高です!

歌い出しの前、ギター音がなんだか急に高くなる部分があるのですが、こんなのあまり聴いたことないぞ!これは何かいいぞ!という衝撃です。(素人説明で申し訳ない😂)

 

まずこの音に、見事にはまってしまいました。

 

そこから吉田さんの優しく爽やかな声、まるで物語が進んでいくように、この楽曲は進行していきます。そして、どんどん曲が切ない感じになっていきます。

 

女性コーラスもいいですね!このコーラスは "まえだゆりな" さんという北海道を中心に活動しているシンガーだそうです。

 

このコーラスが入ると、一度ほっとするのですが、その後一人ボーカルに戻ることで、切なさが増しているような気がします。

 

そして、"涙も乾きはじめた!" からのサビへの突入、全てをふりしぼるような声と音、切なすぎです。苦しい。

 

ねえ 素晴らしくないけど
全然 美しくないけど
YOU AND I 泥だらけの
僕らの世界を歌え 何度も

 

"全然美しくないけど" 、"泥だらけの" という表現、飾らない歌詞に、すごく共感できてしまいます。

 

そして、ズーカラデルの皆様の演奏している時の顔がすごくいいんです。もっさりしているのにすごくいいんです❗まさに絞り出すような音❗

 

また終盤のギターソロがめちゃくちゃカッコよくて、素晴らしいです。こちらも北海道を中心に活躍されている "あららら" というバンドのギタリストのタクマモトオさんが弾いているとのこと。

 

そしてラストへと続いていきます。

もう 涙も出ないほど
ずっと 鳴り止まない音
取るに足らない 日々の中で
出会ったものを歌え 何度も
ねえ 素晴らしくないけど
勇敢な 泥だらけの
僕らの世界を歌え 何度も
何度も

 

"素晴らしくないけど"  ⇒ そんなことない❗

音楽聴いてこんなに切なくなるのは久しぶりだ、素晴らしいです!と言いたくなってしまいます。

 

歌っている場所も、雰囲気ある場所で、北海道小樽にあるCAFE 艀(はしけ)、運河に浮かぶライブ船で撮影されたようです。臨時感が抜群でいい味出してます。

 

オール北海道の楽曲、恐るべし。

そして切なさを感じたい時には "アニー" を聴くべしです。

 

いい音楽に出会えたことに感謝!

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

リブフォーエバー

リブフォーエバー