音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

シンシア (1997年, 原田知世 )

この透明感とスローテンポは心地よい!

 

原田 知世(はらだ ともよ)さんは女優、歌手として活躍されています。今でもおきれいですね。そして透明感のある優しい声が好きです。

 

この "シンシア" は原田さんが作詞で、スウェーデンの音楽プロデューサーであるトーレ・ヨハンソンさんが作曲とプロデュースを行っています。

 

ヨハンソンさんはけっこう有名な人で、1994年にプロデュースを手がけたカーディガンズは、デビュー・アルバムが世界的にヒットしました。敏腕プロデューサーというやつですね。

 

日本でも彼のプロデュースするカーディガンズは流行りました。1960年代風の音楽、アコースティックなロックサウンドは、当時スウェディッシュ・ポップブームを起こしていたかと思います。

 

私も60年代の音楽は聴いたことがなくて、逆に新鮮さ覚えました。ファッションと同じですね。

 

曲名の "シンシア" は英語圏における女性名前 Cynthia としても使用されるようですが、「誠実な」「心からの」という意味があるようです。

 

この楽曲では「心からの」の意味が合っているのではと思います。歌詞は非常に分かりやすいラブソングです。

 

愛は空に浮かんだ 雲のように
風に流れかたちを変えていくけど
ずっとそっとあなたを 見つめていたい

 

イントロはストリングスが使われていますが、歌い出しはアコースティックギターのみで始まります。シンプルな演奏で原田さんの声が引き立ちます。

 

そこから、再びストリングスが入ってきて、"あなたを見つめていたい" がすごくいい盛り上がりになるように仕上がっています。

 

胸に頬をうずめて 瞳閉じたまま
あなたの心を もっと聞かせて
どんな風に あなたへの想いを伝えよう
言葉にならない どうか教えて

 

その後は磐石のラブソングになっています。

 

この楽曲はスローテンポが、非常に特徴的かと思います。他の曲にはあまりないぐらいスローテンポで、優しく透明感のある声がものすごく引き立ちます。

 

スローテンポにすることで、優しさが累乗で効いてくる気がします。あまり遅すぎても違和感がでるので、ちょうどいい絶妙なテンポだと思います。

 

まるでサウンドトラックのようにBGMとして聴き流せるイメージでしょうか。原田さんの声も透明感があり楽器のようです。

 

この楽曲を聴くと、やっぱり優しい人がよいなと思ってしまいます!

理想と現実は違いますが・・・。

 

まずは自分が優しくなろう!

 

と聴いていて思いました🌸

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

Flowers

Flowers

  • アーティスト: 原田知世,トーレ・ヨハンソン,Free Wheel,北田かおる,Regis Wargnier,鈴木慶一,Cathrine Cohen
  • 出版社/メーカー: フォーライフ ミュージックエンタテイメント
  • 発売日: 1997/09/18
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る