音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

ナイトフィッシングイズグッド (2008年, サカナクション)

この展開は素晴らしすぎるぞ!

 

サカナクションはなんてすごいんだ❗

 

昨年度、映画ボヘミアンラプソディーの影響もあり、クイーンが流行りましたね。素晴らしい音楽が広く知られることになって嬉しい限りです。

 

特にクイーンを知らない若い世代にも聴いてもらう機会になったようで、アカデミー賞を取れて良かったです。

 

映画の題名にもなっている「ボヘミアンラプソディー」ですが、途中で別の楽曲に変わるかのような転調が繰り返されるのが印象的です。オペラ調への展開はものすごく斬新で、素晴らしいものでした。

 

名曲を生み出し続けるサカナクションもクイーンをオマージュした作品を制作しています。それがこの "ナイトフィッシングイズグッド" です。

 

作詞作曲を手掛けた山口さんはクイーンのような曲を作ろうとして作ったとのことです。

(作ろうと思って、こんなにいい曲を作れるものなのか・・・。)

 

オマージュにもいろんなタイプがあると思います。例えば一部のフレーズ原曲に近いものをそのまま使用する。全体的にバックで流すなどなど、分かりやすいものから分かりにくいものまで多々あります。

 

この曲はもう完全にサカナクションの曲、でも全体的な構成、転調時のリフ、後半のオペラ調からのサビへの展開、クイーンサウンドが随所に聴こえてきます、しかし、やはりサカナクションの曲です!

 

心震えてしまいました。

 

 

展開がすごい!

 

1. バラード

2. テクノ

3. オペラ

4. ロック

へと順に展開していきます。

 

歌詞は頭からのサビ

いつかさよなら 僕は夜に帰るわ

何もかも忘れてしまう前に

ビルの灯りがまるでディレイのように流れてた いつまでも

この導入で歌われるサビの歌詞は何度となく出てきます。そして歌詞の意味合いや感じ方が違って聴こえてくるので注目です。

 

最初のバラード部分、どちらかというとネガティブなイメージの言葉が並んでいます。

 

夢のような世界があるのなら

僕も変われるかな

後ろめたい嘘や悲しみで

汚れたシミもまだそのまま

 

そしてテクノ調に転調してから、

歌詞の感じが一転します。

 

魚釣りです。

というより魚釣りで、物思いにふけっていたら、魚が引っ掛かったのに気づいて、あっと我に返ったという感じでしょうか。

 

ゆらゆら揺れる水面の月 忍ぶ足音 気配がした

草を掻き分け 虫を払うかのように君を手招きする

目を細む鳥のように今 川底 舐めるように見る

かの糸 たぐり寄せてしなる 跳ねる水の音がした

 

音楽もどんどん明るい感じになっていきます。そして盛り上がり感がどんどん高まるオペラ調の展開へと進んでいきます。

 

ラララ きっと僕が踊り暮れる 夜の闇に隠れ潜む

ラララ ずっと僕が待ち焦がれる恋のような素晴らしさよ

 

"躍り暮れる"、"素晴らしさよ"など、ポジティブなワードが並び、楽しく、どんどん盛り上がっていきます。そして、一番気持ちいいところでのサビです。

 

いつかさよなら 僕は夜に帰るわ 何もかも忘れてしまう前に

ビルの灯りがまるでディレイのように流れてた いつまでも

 

前半と変わって、すごくポジティブな印象に聴こえてきます。

  

この先でほら 僕を待ってるから行くべきだ 夢の続きは

この夜が明け疲れ果てて眠るまで まだまだ

 

エンディング、最後の最後で、クイーンのギターサウンドが聴こえます。なんてセンスのいいオマージュ、サカナクションのサウンドに見事に昇華させています。

 

サカナクションの魚図鑑にはキャッチーなメロディーやいい曲が多すぎて、この曲の良さに気づいていない人もいるのではないでしょうか。16番の「ナイトフィッシングイズグッド」もう一度よく聴くべし!

 

この曲は6分25秒と長めであったため、プロモーションの関係でリード曲にはならかったようです。それでもミュージックビデオ自主製作したとのこと、この曲に対する山口さんの想いが伝わってきます。

 

作り手が一緒懸命に製作した曲なので、少しでも多くの人に知ってもらいたい。そして、サカナクションは曲ごとのクオリティがめちゃくちゃ高い。

作り手の想いをすごく感じることができる一曲です。

 

一度、夜釣りしてみよう!

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

NIGHT FISHING

NIGHT FISHING