音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

風をあつめて(1971年, はっぴいえんど)

文学的な歌詞と響く豊かな低音ボーカル!



はっぴいえんど(HAPPY END)は、1969年から1972年まで活動していたバンドです。

 

メンバーは
細野晴臣(ボーカル・ベース・ギター・キーボード)
大瀧詠一(ボーカル・ギター)
松本隆(ドラムス・パーカッション)
鈴木茂(ギター・ボーカル)

 

このバンド、すごく著名な方々がメンバーなんです。個々の説明を詳しくすると切りがないのでしません。いさぎよし。


f:id:ongaku_somurie:20190422204457j:image

 

この "風をあつめて" は作詞は松本隆さん、作曲は細野晴臣さんです。歌詞、曲ともに現代でも全く古さがありません。約半世紀前の音楽とはとても思えません。

 

多くのアーティストにカバーされているのも分かります。まさに名曲です。

 

楽曲はアコースティックギターのシンプルなイントロから始まります。そして細野さんの低音で響く張りのある声が素晴らしいです。

 

この声を聴いてしまうと、オリジナルはなんていいんだぁ~、と思ってしまいます。

 

また、歌詞中の漢字をよく見ると気づくのですが、ダブルミーニングが多用されています。

 

さらに背伸びした路地、起き抜けの路面電車など擬人法が多く使っているのも特徴的で、何とも文学的な歌詞です。

 

街のはずれの
背のびした路次を 散歩してたら
汚点(しみ)だらけの 靄(もや)ごしに
起きぬけの露面電車が
海を渡るのが 見えたんです

それでぼくも

風をあつめて
風をあつめて
風をあつめて
蒼空(あおぞら)を翔けたいんです
蒼空を

 

音はアコギとベース、ドラムとオルガンというシンプルな構成ですが、細野さんの低音の響く、張りのある声と合わさり、ゆったりとした空気を作り出します。

 

とても素敵な
昧爽(あさあけ)どきを 通り抜けてたら
伽籃(がらん)とした 防波堤ごしに
緋色(ひいろ)の帆を掲げた都市が
碇泊(ていはく)してるのが 見えたんです

 

難しい言葉を使っているので、それぞれの意味を簡単に説明すると

 

  • 昧爽(本来はマイソウと読む)、意味は夜明け

 

  • 伽籃(ガラン)、仏道修行者が修行する閑静な場所の意味、後には寺院の建築物を意味する言葉

 

  • 碇泊(テイハク)、船が碇(いかり)をおろしてとまること

 

人気のない
朝の珈琲屋で 暇をつぶしてたら
ひび割れた 玻璃(がらす)ごしに
摩天楼の衣擦(きぬす)れが
舗道をひたすのを見たんです

 

  • 玻璃(ハリ)、意味は水晶やガラス。こちらも仏教用語のようです。

 

  • 衣擦(キヌス)れ、歩くときなどに、着た着物の裾などがすれ合うこと。

 

1970年代初頭、開発が進み、ビルや工場が立ち並んでいくことで、東京の原風景がなくなっていく街の変化を3パターンの情景で表現しています。

 

変わっていく東京を見ながら、「翔けたいんです」という言葉にあるように自分達も変わろうとしているかのようです。

 

現代では「風」という言葉は、気象の風だけではなく、雰囲気や流行、似たものを指すときにも使われます。

 

 

 

「風」という言葉で自分たちの憧れる音楽を表現しているのかもしれません。

 

アメリカのロック歌手ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」という曲があるのですが、この曲のオマージュであるとも言われており、ロック文化への憧れを意味しているようです。

 

"緋色の帆を掲げた都市" は、アメリカのことを指しており、移り変わる東京と共に、アメリカロックへの憧れ、自分達も風をあつめて蒼空をかけたい!

 

自分達の想いを歌っているとしたら、かっこいいです。

 

歌詞、楽曲ともに当時は新しく魅力がつまったバンドですが、なんと、はっぴいえんどは活動期間中に、レコードがヒットしなかったバンドだったそうです。こんなにいい曲なのに!

 

それでもやはり名曲は現在(イマ)も残る。

勉強になる曲でした。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

 

風街ろまん

風街ろまん