音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

黄昏 '95~太陽の季節 (1995年, TOKYO No.1 SOUL SET)

新感覚のラップと文学的歌詞がすごい!



ライ   ラライ  ライライライ  ライライ  ライラライライライ🎵

 

「ライ」の数、

本当に合ってますか・・・?

 

口では言えるのに

書いていると分からなくなる~~❗

いつの間にかライライが

イライラになってる~~ (>_<)

 

 

さて、冗談はさておき

TOKYO No.1 SOUL SETの名曲、

「黄昏'95〜太陽の季節」です。

 

このサウンド感、センス大好きだぁ🙌

 

 

TOKYO No.1 SOUL SET(トーキョーナンバーワンソウルセット)は、1990年代初めに結成されたヒップホップバンドです。

 

メンバー
川辺ヒロシ(DJ)
BIKKE(ボーカル)
渡辺俊美(ギター・ボーカル)
【旧メンバー  MCドラゴン(ボーカル)】

 

一言でいうと不思議なバンドです。

wikipediaの音楽ジャンルには「ヒップホップ、Jポップ、実験音楽」とありました。

 

実験音楽・・・。

そんなジャンルあるのですね。

 

ヒップホップというよりも、ボーカルBIKKE(ビッケ)さんの語りかける歌詞が、詩の朗読を思わせるかのようで独特です。

 

ラップなのに、あえて韻を踏んでいないのも特徴的です。また、レゲエっぽい音楽性、何故かヒップホップなのにギタリストがいる!

 

でも一度聴くと忘れられない音楽、

素晴らしいです。

 

イントロでは、シャカシャカ音と共に賑やかな外国人風?人々のノリノリの声で始まります。口笛まで聴こえてきます。

 

そしてギターの気持ちいい音、ベースラインで鳴っていて、いいリズムだぁ。

 

 

また文学的歌詞が最高!

 

太陽の光  月の灯り  夕暮れに誰と黄昏る

 

僕らはそもそも昼に生きるのか  そうでなければ何故、昼は

太陽の光で注意を引き  たちまち僕らの目を眩ませて

輝きたいと思わせるのか  より高く  もっとより高く

空想よりももっと高くと  たえず光源へとおびき寄せる

(なら)飛び立とう、そして到達しよう  足場が不安定なのに気づかずに

翼のバランス考慮して  飛翔は合理的に計算され

おかしいところはないはずなのに  妙に自信だけは持っているのに

昇天への欲望はどうして狂気の様に見えるのか

 

「光源」、「飛翔」、「合理的」など歌詞ではあまり出てこないような理系ワードがたくさん出てきて、面白い。

 

BIKKEさんのやさしめな声も良いです。そして聴いているとクセになるイントネーション。"より高く  もっとより高く" 歌い方のセンスgoodです。

 

2番以降の歌詞は1番の歌詞とは重ね合わせてみると違いが見えてきて面白いですよ!

 

太陽と月、昼と夜の関係が、人間社会の関係を比喩しているようで考えさせられます。

 

ミュージックビデオも映画のエンドロールのようで味わい深い!TOKYO No.1 SOUL SETは大好きな楽曲がいくつかあるので、そちらもぜひ紹介していきたいと思います。

 

いつになるかは分かりませんが、

次回をお楽しみに🐧

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

TRIPLE BARREL

TRIPLE BARREL