音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

奏逢 (2009年, Bank Band)

これぞ作り手の想いがつまった曲だ!

 

音楽作るって本当にカッコいいと思える曲

Bank Bandの奏逢(そうあい)です。

 

 

Bank Bandは音楽プロデューサーの小林武史さんとMr.Childrenの桜井和寿さんを中心として結成されたバンドです。

 

小林さん、桜井さん、そして坂本龍一さんによって設立された「ap bank」という社団法人、環境保護や自然エネルギー促進事業、省エネルギーなど様々な環境保全のためのプロジェクトを進める個人や団体への支援をしています。

 

近年は災害ボランティア活動も行われているようです。

 

Bank Bandは名前の通り、イベントやフェスといったライブ活動やCDやDVDなどパッケージ製品の収益はすべてをこの「ap bank」の活動資金とされているそうです。

 

社会貢献度、半端ない!

さすが、です。

 

そして、この "奏逢" という曲はBank Bandのテーマ曲とされており、明るく心弾むメロディーに、音楽の作り手の想いや、音楽による人とのつながりがストレートに表現されており、爽快で心地よい楽曲となっております。

 

曲中では管弦楽団の音色もゆたかに鳴っており、壮大なハーモニーが奏でられているので要注目です!

 

 

作詞:桜井和寿
作曲:小林武史&桜井和寿
編曲:Bank Band

五線紙の上に記された複雑な記号をなぞる
やさしい音? それとも強い音?
どんなふうに響かせようか迷う

書かれてるとおりに弾いても
何かが少し違ってる

難しく考え過ぎかな?
楽しそうに弾いてる誰かのニュアンスに耳を傾けるよ

 

これぞ『完璧』と言える音。   
それをいつも探しているけれど
本当を言うと
君の心揺さぶる  そんな音を奏でてみたいっていう
それだけ

 

すごく分かりやすく、音楽の作り手の想いがググッと伝わってきて、いい詩です。

 

「心揺さぶられる音を届けたい!」という想いが伝わります。

 

後半は音楽が人をつなぐというテーマで歌われています。お互い幸せの定義は違うけど、同じ歌でつながることができれば、一緒に歩んでいけると。

 

君の描く『幸せ』ってどんなもの?
僕とは少し違っているようだけど
時々こうして
同じ歌をうたって歩いてく
この時間僕らは幸せ

 

これで『完璧』だって言えるもの。   
そんなもの、この世界にありはしない
少し不安定だけど
愛する人と共に生きてる
それで十分な幸せ
君と僕を繋ぐ音 大空に響いて飛んでけ!

 

なかなか完璧なものを求めるのはしんどいですが、音楽以外でもお互いつながるものがあれば、会話が生まれ、仲良くできますね!

 

それにしても映像がきれいで爽快です。フェスに来ている人も楽しそう!

 

夏フェスいかなきゃ☀️

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

沿志奏逢 3

沿志奏逢 3