音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

N.O. (1993年, 電気グルーヴ)

電気グルーヴっていう音楽はなくしちゃいけないんだ!

 

いつまで経っても色褪せない

電気グルーヴの名曲「N.O. (エヌオー)」

 

目次

 

 

電気グルーヴ(でんきグルーヴ)とは

1989年に結成されたテクノ・エレクトロを中心とした音楽ユニット。破天荒なパフォーマンスがフューチャーがちだが、その音楽は独創的で魅力的である。

 

メンバー

石野卓球(ボーカル・サンプリング)
ピエール瀧(ボーカル・サンプリング)

砂原良徳(キーボード・プログラミング)
(1991年 - 1999年)

 

電気グルーヴの名前には、「グルーヴ」という言葉が入る。1980年代後半、そもそも「グルーヴ」という言葉自体がほとんど知られていなかったとのこと。当時は「電気グルー」とよく間違えられていたそうだ。

 

その中で "グルーヴ" という言葉を入れて誕生した音楽ユニットはジャパニーズテクノの先駆けだった。

 

海外ではヒップホップやハウスのような新しい音楽のムーブメントが各地で起きており、それにいち早く反応したのが電気グルーヴであった。

 

卓球さんのインタビュー聞いていても、ほとばしる音楽オタク感がすごく魅力的だ。聴いたこともない洋楽を詳しく紹介してくれる。あー、この人本当に音楽(特にマニアックなもの)が好きなんだなといつも感心してしまう。

 

 

「N.O. (エヌオー)」

1994年にリリースされた彼らの3枚目のシングルである。この楽曲では、石野卓球さんが歌っている。「N.O.(エヌオー)」という曲名は、大ファンであったNew Orderの頭文字だそうだ。

 

歌詞

作詞:石野卓球

作曲:石野卓球

今じゃ言えない秘密じゃないけど

出来る事なら言いたくないよ

今話しても しかたが無いし

でも言いたくて しかたが無いし

 

学校ないし 家庭もないし

ヒマじゃないし カーテンもないし

花を入れる花ビンもないし

嫌じゃないし カッコつかないし

 

しかた無いなと分かっていながら

どこかイマイチわりきれないよ

先を思うと 不安になるから

今日のトコロは寝るしかないね

 

話すコトバはとってもポジティヴ

思う脳ミソホントはネガティヴ

バカなヤングはとってもアクティヴ

それを横目で舌ウチひとつ

 

等身大の歌詞、リズミカルな音、テクノの良さがほとばしる!

 

「話すコトバはとってもポジティヴ」

「思う脳ミソホントはネガティヴ」

ネガティブなことを言ってはいけないので、ポジティブなことを話すように気を付けるけど、内心はネガティブなことを考えてしまう…。

 

こんな気持ちはよく分かる!

 

いまだに愛される名曲

卓球さんはこの曲について、若くておカネなかった頃に作った歌だから、このような歌詞になった。でも歌詞には嘘がないし、現在(いま)でも歌うことができると。

 

四半世紀経っても色褪せない名曲である。

 

そして最後に

この曲では瀧さん、ワタ菓子作ってるだけなんだが、これ重要、すごく重要!この意味の分からなさ、不思議さ、ユニークさ、馬鹿馬鹿しさ、全てが大事だ。

 

このトランス感があっての電気グルーヴなんだ。いつの日かもう一度、リスタートできることを願う!

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

VITAMIN

VITAMIN