音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

サカナの心 (2014年, ゲスの極み乙女。)

ゾクッとくるピアノのコード進行が美しい!

 

ピアノの音が好きなので、どうしても聴いてしまう。素晴らしいメロディー、癖になる和音の並ばせ方、本当にすごいね、ただただ感心。

 

ゲスの極み乙女。「サカナの心」。

 

この曲は "145" というテンポ設定から作られた曲だそうです。当初はループミュージックのようになってしまい、あまり納得できる曲に仕上がらなかったようですが、サビのコード進行とメロディーを工夫することで、(偶然?)ものすごくきれいな曲になったとメンバーは語っておられました。

 

いや~狙い通り!サビの部分のピアノの和音の響きが本当に美しくてきれいです。ゾクゾクッと体にくる感じがすごい!

 

心震える音って、すごく少ないのですが、この楽曲はゾクッとなるのです。ジェットコースターでテッペンから降りる時、あの一瞬に感じるゾクッと感と似ています。

 

また、音数が非常に少なくて、ドラムとベースのリズムラインとピアノだけというシンプルな曲であり、驚くほどピアノ和音が響きます。

 

このコード進行だけを鳴らしておきたいぐらい、それぐらい好きだー!

 

 

作曲、作曲は川谷絵音さん

歌詞は相手へ想いを伝えたいのだけど、なかなか届かない状況を描写しています。"あなた" には届くことなく、サカナ(届いても仕方がないもの)にしか届かないという葛藤がこの曲には表現されています。

 

 

統計学上のあなたの心の数を見て
数十秒後もう僕は違う誰かを見てる
理論上はあのサカナもあなたもゲス乙女
空想上はまだマトモなふりして踊ってる

涙声でふうっふー
また嘲笑されてんだ
今日も明日も明後日も
逃げはしないけどさ

声が泣いてる
ふと嘆いてる
あなたの目が届かなくてさ
どう歌っても
どう愛しても
僕の声は
あなたじゃなくサカナまで

 

それにしても、この美しい音はすごい!

 

この楽曲はピアノメインですが、テンポが速い中、ベースとドラムによって、ロック感を持たせ、よりピアノが引き立ちます。

 

彼ら独特のプログレ音楽の良さがすごく出た楽曲だと思います。

 

(プログレ:プログレッシブ・ロックの略、クラシックやジャズ、フォーク、地域音楽などをロックに融合させた音楽のこと)

 

ピアノって、やはりいいですね!

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

みんなノーマル

みんなノーマル