音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

Hush (1996年, KULA SHAKER)

変幻自在のロックサウンド!

 

クーラ・シェイカー(Kula Shaker)はイギリス、ロンドン出身のロックバンド。そのバンド名は9世紀のインドのクラシェクハラ王に由来するとのこと。

 

格式高いバンド名ですね。確かにクーラ・シェイカーの楽曲はフォ~ンというような不思議なインドっぽい音が聴こえてくる曲が多いです。

 

1960年代風ロックンロールにインド音楽がブレンドされた情緒的かつグルーヴィな音楽。イギリスロックでありながら、東洋的なサイケデリック性も持つことが、彼らの最大の魅力です。


f:id:ongaku_somurie:20190725232520j:image

Photo: GETTYより

 

紹介する "Hush" は実は彼らのオリジナルソングではなくカバー曲なんです。元々はジョー・サウスというアーティストが演奏していました。その後には伝説的なハードロックバンドであるディープ・パープル(Deep Purple)にもカバーされております。ディープ・パープルのデビュー曲はこの "Hush" のカバー曲だったとのこと。

 

長年愛される名曲です。

 

私はこの"Hush" をクーラ・シェイカーのバージョンで初めて知り、育っておりますので、思い入れがあります。

 

クーラ・シェイカーの "Hush" はなんと言っても「叫び」、躍動するロック、「ナーナナー  ナーナナー  ナーナーナー🎶」と耳に残るメロディーが何とも言えないかっこよさ。

 

そしてロック感が強いんです❗

 

ボーカルのクリスピアン・ミルズさんのしがれた声、ドスのきいた低い声、高いファルセットなど変幻自在で素晴らしいです!

 

歌詞の "Hush" は "しっ!静かに" というような意味、全然静かじゃないのにね。

聴いてくれ!ということを意味しているのかもしれません。

 

One, two, three, hah!

Na na na na na na na na naaa

Na na na na na na na na naaa

Well I got a silly little girl, she's on my mind Look at her, she looks so fine

She's a best girl that I ever had

Except that she's gonna make me feel so sad

Na na na na na na na na naaa

Na na na na na na na na naaa

ある少女と付き合ったんだ

彼女のことが頭から離れない

彼女のルックスはすごくいいんだ

人生最高の彼女さ

時々オレを最悪な気分にすることを除けばね

 

Hush, hush... I thought heard you're calling my name now

Hush, hush... you broke my heart but that was a dream now

Hush, hush... I thought I heard you're calling my name now

Hush, hush... you broke my heart but that was a dream now 

静かに

彼女がオレの名前を呼んだ気がするんだ

彼女はオレの心を傷つけたけど、オレは今でも彼女を愛してるんだ

静かに
彼女がオレの名前を呼んだ気がするんだ

静かに

彼女はオレの心を傷つけたけど、オレは今でも彼女を愛してるんだ

 

 Early in the morning, late in the evening

Oh gotta believe me honey, I never was a dreamer

朝早くだった

夜遅くだった

オレは欲しいんだ

決して忘れられない

 

 

彼女への想いを歌ったロックサウンド、ミュージックビデオもロックな感じ!

 

そして

ナーナナー   ナーナナー   ナーナーナー🎵

とつい歌いたくなる。やはり名曲は凄い!

 

音楽ソムリエ

なゆた

ハッシュ

ハッシュ