音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

Walkin' On The Sun (1997年, Smash Mouth)

レトロなハーモニーと軽快なリズムが心地よい!

 

Smash Mouth(スマッシュマウス)は1994年にアメリカのサンフランシスコで結成された4人組バンドのロックバンドです。

 

この「 Walkin' On The Sun (ウォーキング オン ザ サン) 」はレトロな雰囲気が漂うメロディーラインにボーカルのSteve Harwell(スティーヴ・ハーウェル)さんの少し濁った独特の声が印象的な楽曲です。

 

f:id:ongaku_somurie:20190807000921j:image

アルバム Smash Mouth (スマッシュマウス)より

 

日本人ではこのような声のボーカルは少ない気がします。洋楽と相性が良いのでしょうか!?洋楽アーティストでは時々出会います。

 

軽快なリズムに不可思議な電子音が巧みに使われており、面白いです。また音楽自体はポップなので、洋楽ですが日本人にもスッと入ってきて、聴きやすいです。

 

ミュージックビデオが非常に面白い❗

 

夢を見ている時に、なんか違和感があるんだけど、何が違うのか分からずモヤモヤした体験はありませんでしょうか?

 

このミュージックビデオを見ると、その時の感情が思い出されます。まるで夢の中にいるような世界感、現実と夢の違和感が感じられてGoodです。

 

ダンスの振り付けも不思議な感じで癖になるー!何度も繰り返し見てしまいます。不思議な気分になる映像です。

 

 

歌詞は残念ながら、意味が分かりません (>_<)

夢の世界を表現しているのでしょうか?

上手い訳ではありませんが、参考までに!

 

It ain't no joke

I'd like to buy the world a toke

And teach the world to sing in perfect harmony

And teach the world to the fires and the liars

Hey I know it's just a song but it's spice for the recipe

冗談じゃないさ

チップで世界を買ってみたい

完璧なハーモニーを世界に届けるために

世界に災害や嘘つきを教えるために

私はその曲だけ知っている

でもレシピではスパイスの役割なんだ

 

This is a love attack

I know it went out but it's back

It's just like any fad retracts before impact

And just like fashion it's a passion for the with it and hip

If you got the goods, they'll come and buy it just to stay in the clique


これは愛の攻撃だ

出て行っても戻ってくると分かってる

影響を受ける前に、ちょうど好きなファッションが廃れるようなものだ

ファッションと同様に、情熱やヒップもそれだ

グッズを持ってるなら、同じ一派になるだけで売りに来るだろう。

 

So don't delay, act now, supplies are running out
Allow, if you're still alive, six to eight years to arrive
And if you swallow, there may be a tomorrow
But if the offer's shun you might as well be walkin' on the sun

だから遅れないで

今すぐ行動、供給が遅れてしまう

まだ生きているのであれば、到着までに6〜8年かかる
あなたが飲み込めるなら、明日になるかもしれない
でも申し出を断るなら、太陽の上を歩くことになるかも

 

 

難しいですね。

う~ん、「すぐに行動すべし!」と歌っているような気がします。

 

ともかく、曲は不思議な感じで、飽きのこないサウンド、この楽曲はSmash Mouse (スマッシュマウス)のメジャーデビューシングルだでした。

 

彼らは他のアーティストの音楽とは被らない、独自の楽曲を作りたかったとインタビューで語っていました。オリジナリティー溢れる音楽、やはり個性は重要ですね。

 

そろそろ夢を操作できる装置が

できないかなぁ~!?と思う

今日この頃

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

Fush Yu Mang [Explicit] (Acoustic)

Fush Yu Mang [Explicit] (Acoustic)

 
Fush Yu Mang (Clean)

Fush Yu Mang (Clean)