音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

野ばら (1997年, 奥田民生)

大切な人と離れてしまった時に・・・

 

奥田民生 (おくだ たみお)さんは1987年に、ユニコーンというバンドでメジャーデビュー。 1994年にシングル「愛のために」でソロ活動を開始しています。

 

その後「イージュー★ライダー」「さすらい」などヒット曲を産み出し、井上陽水さんとのコラボや、音楽プロデューサーとしてもPUFFY、木村カエラさんを手掛けるなど、現在も活躍されているミュージシャンです。

 

今回、ご紹介するのは奥田民生さんの「野ばら」という楽曲です。この曲はシングルとしてリリースされた曲ではないのですが、奥田民生さんの良さがすごく出ていて、ファンの間では人気のある曲です。


f:id:ongaku_somurie:20190821231649j:image

収録アルバム Failbox

 

ファンに人気のある曲というのは、聴いていると、その魅力にはまっていく系の楽曲ですね。

 

現代では多くのエンターテイメントがあり、音楽もインターネットでダウンロードすればすぐ聴ける世の中ですので、キャッチーな曲調でないと聴いてはもらえないことが多いかもしれませんが・・・。

 

こういう楽曲を発掘するのは難しい時代だからこそ、ご紹介したい名曲です。

 

ミュージックビデオ (MV)では民生さんが、一人でアコギを演奏しながら歌うという、とてもシンプルなものです。しかし、実際の音はドラムやベース、エレキギターのバンドサウンドと、ゆるめの民生さんの声が重なり合って心地よいです。聴けば聴くほど素晴らしさを体験できます。

 

このMVはギター弾いている左手の様子が詳細に分かるので、ギターに興味がある人にとっては真似したくなる映像ではないでしょうか!?コードを押さえる左手の動きがかっこいい!

 

 

さて曲名の「野ばら」とはどんな植物なのでしょうか?

 

f:id:ongaku_somurie:20190821235306j:image

野ばらの花

 

野ばらは初夏に真っ白な花を咲かせ、秋になると可愛らしい真っ赤な実をつける植物です。ドライフラワーとしても人気があるようです。


f:id:ongaku_somurie:20190822001832j:image

野ばらの実

 

えっ❗

思っていたより、可愛い系の植物でありませんか!?

 

民生さんの質実剛健、無骨な感じのMVとは印象が異なります。野ばらが可愛い植物だということを想像して歌詞の意味を考察してみると、歌詞に込められたの意味がうまく解釈できます。

 

 

作詞作曲:奥田民生

雲行きが気になって見ていたら

君んとこは昨日から下り坂

まだ空には 星光ってる

風は西からひゅう

 

君とは誰なのか?

自分の見える空では星が見えているため、晴れていることが分かります。一方で君のいる場所は天気が下り坂と、2人が離れていることが読み取れます。

 

天気予報の確率が高まれば

君の機嫌がある程度わかるのだ と 

そういうわけには いかないかなあ

いい調子でやってるかなあ

机に野ばら 飾って暮らす

たまにはサンダーが小雨を降らす

 

天気予報の精度が上がれば、君の場所の天気が分かるので、機嫌も分かるんじゃないかと。やはり離れて暮らしている2人、調子はどうかと気遣う言葉、相手のことを想う様子が読み取れます。

 

そして、机に野ばらを飾って暮らすという言葉、野ばらが白くて可愛い花なのか、赤い実を付けた状態なのかは分かりませんが、君を思い出させるものとして、野ばらが印象的に歌詞に載せられているのだと思います。

 

君の声を欲しがってる 風が強くなるびゅう

机に野ばら 飾って暮らす

たまにはサンダーが小雨を降らす

ときにウィンターは切ないけれど

そばにあんたが いないのだけど

 

君の声が聞きたい、机にいつも思い出せるように野ばらを飾って暮らす。そして歌詞最後にはウィンター(冬)は切なく、あなたがそばにいない、とあります。

 

私の解釈ですが、遠距離恋愛や離れてしまった大切な人を想う切なさや寂しさの感情を歌った楽曲なのだと感じました。

 

君のことを、野ばらに見立てて、飾って過ごすという表現に哀愁や切なさが漂います。

 

大切な人を想う歌だと理解して聴くとまた違った良さが見えてきます。

 

音楽って素晴らしい❗

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

FAILBOX

FAILBOX