音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

オーケストラ (2016年, BiSH)

ミラクルが重なり合った時、素晴らしいサウンドが生まれる!

 

お恥ずかしながら・・・

アイドル関連情報に、めちゃくちゃ疎いです、わたし。

しかし、この楽曲は例えるなら沼、ハマってしまうと、簡単には抜け出せねぇ・・・。何度も聴いてしまう魅力的な音、

 

疾走感のあるサウンド、エッジの効いた声、ストリングスの壮大なハーモニー、素晴らしい❗

 

BiSH (ビッシュ)の「オーケストラ」です。

 

BiSHは、日本の女性アイドルグループ、「楽器を持たないパンクバンド」と銘打って活動しています。


f:id:ongaku_somurie:20190928075925j:image

メンバーは

アイナ・ジ・エンド (ハスキーボイスの人)

セントチヒロ・チッチ (もう一人の歌う人)

モモコグミカンパニー (フワリ系の人)

ハシヤスメ・アツコ (メガネの人)

リンリン (白っぽい服を着た人)

アユニ・D (左腕に赤いバンド模様の人)

の6名で構成されています。

 

カタカナで不思議な名前、大人世代には取っ付きにくいかもしれないが、徐々に馴染んでくるのかな。

 

BiSHは前段で説明したように「楽器を持たないパンクバンド」として活動しており、アイドルでありながら、ギターやドラムのバンドサウンドをベースにした音楽が特徴的です。

 

この「オーケストラ」では特にメインボーカルのアイナさんのハスキーな声に、メロディアスな音がマッチしていて、気持ちいい楽曲となっています。

 

また、他メンバーの声や、歌い方も非常にユニーク! それぞれの個性が出ることで、エッジの効いた仕上がりとなっています。例えるなら、薬味をかけることで、メインディッシュがめちゃくちゃ引き立つという感じでしょうか!?

 

何ということでしょう❗

メインボーカルの2人の声、メロディーがすごく魅力的に聴こえてきます❗

 

ミュージックビデオもストーリー性があり、面白いです。また、彼女達のダンスには何とも言えないバラツキ感があり、最近のアイドルのシンクロダンスと違って、逆にいい味が出ている気がします。そして応援したくなる!

 

作詞作曲を担当しているのは、音楽プロデューサーの松隈(まつくま) ケンタさんです。

 

松隈さんのプロデュースする楽曲では多人数のグループであっても歌唱パートの大半をソロパートで構成させるとのこと。

 

全員で歌うユニゾン部分が少ないのは、1人1人の歌をしっかりと聴かせたい、唄わせたいという松隈さんの想いがあるようです。

 

たしかに、他のアイドルグループと比べるとソロパートが多く、個性がより際立ちます。

 

 

歌詞は過去の別れを振りかえるという悲しい詩(うた)となっております。

 

作詞:松隈ケンタ  

作曲:JxSxK & 松隈ケンタ

見上げたあの夜空に
浮かぶ星達
ふと君の声が
あの頃輝いてたかな?
今になっては
ずっと分からないまま

 

あの時
君がついた嘘
問いただせずに
泣いたあの坂道
この先
君と会えないの
離れ離れに
身を任せてた

 

いつもの後悔が風に消えてく
誰にもみせないその姿を
もうちょっとだけ
見てたかったんだ
時がそっと睨んでいる

 

その手と手繋いで
笑いあった声
忘れはしないよ
こんなにも流してた涙も
語る声も オーケストラ

 

やがて訪れたよね
さよならの声
忘れはしないよ
あんなにも近くにいたはずが
今では繋がりなんて
あの空だけ

 

単純に失恋の曲かと思ってしまいそうですが、″オーケストラ″ という言葉の意味を考えると、違う側面が見えてきます。

 

一般的にはオーケストラは、管弦楽、または、管弦楽曲を演奏する目的で編成された楽団を指します。つまり1対1との関係というよりは、複数の人が関係した別れの曲なのでは!?

 

君という単数系で、歌詞中は表現されていますが、これまで一緒に歩んできた仲間との別れの曲を意図しているのではないかと感じました。

 

オーケストラという言葉は人と人の関わり、笑い合った声、泣いた声、語る声、その時に形成される情景を表現しています。

 

事実この頃、BiSHではメンバーの脱退や新加入があったそうです。出会いと別れ、それぞれの個性、疾走感のあるメロディアスなメロディー、いくつもの条件が偶然重なることでこのオーケストラが出来上がってる。この曲を聴くとそんなことを思います。

 

たまには好き嫌いせずにアイドルも聴いてみるべし。そんなことを勉強させられました。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

 

KiLLER BiSH

KiLLER BiSH