音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

SUPER GIRL (1988年, 岡村靖幸)

変幻自在の声と跳ねる音がすごい!

こんなにいい曲やったんかぁー❗

今さら良さに気づいてしまった・・・。

 

岡村靖幸さんの『SUPER GIRL(スーパーガール)』です。

 

 

岡村靖幸(おかむら やすゆき)さんはシンガーソングライター、音楽プロデューサー、そしてミュージックビデオからも分かるように、ダンサーでもあります。

 

″孤高の天才″ とも称される彼、プロのミュージシャンでもファンを公言している人が数多くいる。今までに世の中になかった先駆的な楽曲を発表し続けています。


f:id:ongaku_somurie:20191024201910j:image

 

岡村さんが音楽活動に最初に携わったのは作曲家として、レコード会社にデモテープを持参し、19歳でデビュー果たしたとのことです。以降、渡辺美里、吉川晃司、鈴木雅之などの大物ミュージシャンに楽曲を提供しています。

 

シンガーとしてのデビューは偶然で、レコーディング時の空き時間に踊っていたダンスをプロデューサーに目撃され、「輝いてる✨」と見初められたことがきっかけだったとのことです。

 

いや~キレッキレのダンス、たしかに見ているとクセになります。

 

この「SUPER GIRL」(スーパーガール)は、1988年に発売された彼の6枚目のシングル曲、当時人気だったアニメ、シティーハンター2のエンディングテーマとしても有名です。(当時はこんなキレキレのダンス踊っている人が歌ってるなんて知らなかった・・・)

 

 

岡村さんの楽曲は、ブラックミュージックのジャンルの1つであるファンクをベースとしたもので、ファンクに合わせた言葉作り、ねっとりとした独特な歌い方、跳ねるような音、一度聴くと忘れられません。

 

 

また、最初のイントロはめちゃくちゃオシャレでカッコいいんです。本当に1980年代の音楽なのか!?

 

映像とのギャップがすごいぜ

 

 

作詞作曲:岡村靖幸

DARLING 呼び出せど

いつもオーディションの日

まるで順位だけ競う

フェイ ダナウェイ

夕飯も食べずに ダイエット フード

DARLING 好きなのは俺のほうじゃないのかい

君とウェディング ベル鳴らしたい奴は

有名な俳優じゃなきゃダメ? No…

Baby まだ君は本当の男というものを

(don't you know my love)

Baby 俺ほどの男は そうはないはずさ

Don't you Don't you know

わかってよ ちょっと 勉強すりゃ解るよ

Baby I got 愛が人生のMotion

14回もしょげずに

本当の Dance Chance Romance

は自分しだいだぜ

 

ちなみに、″フェイ ダナウェイ″はアメリカの有名女優、後半に出てくる″ベン ジョンソン″はアスリート(100m走)の名前です。

 

歌詞中の文脈と関連しているとはいえ、人の名前をぶち込んでくるところがすごい、そして音の響きは素晴らしくシックリくる❗

 

変幻自在の声も魅力

″Don't you Don't you know″ 部分では

急に太い声への変化にびっくり❗

 

DARLING 望むものいつも応じたいけれど

君は感激もせず 貰うだけで

マンションの手前で "Say good-by"

DARLING 21で仕送りもらってる

ねだる金額が増えるたんびに

両親は悩みが増える No…

Baby 忘れないで あの頃のときめいてたことを

(don't forget my girl)

Baby 俺ならば本当に損はないはずさ

Come on Don't you Don't you know

わかってよ ちょっと 勉強すりゃ解るよ

Baby I got 愛が人生のMotion

ベン ジョンソンで証明済み

本当の Dance Chance Romance

は自分しだいだぜ Ah…

 

映像見ないとオシャレな音楽

映像見るとユニークな音楽

 

何はともあれ、ジージャンの下に黒のタンクトップを着ていることに感動!タンクトップの魅力ってこうやって伝えるんか!?

 

岡村靖幸さん、現在もバチバチで活躍中、今後も研究してみたいと思います。

 

音楽ソムリエ

なゆた

DATE

DATE