音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

Cant Help Falling In Love With You (2000年, Hi-STANDARD)

ハイスタが奏でる至極のラヴソング!

 

『Can't Help Falling In Love (好きにならずにいられない)』は、エルヴィス・プレスリーが1961年に制作・発表したシングルです。プレスリーの代表的なバラードの一つとして知られ、多くのアーティストにカバーされています。

 

原曲のハワイアン調のメロディーに太くのびやかなエルヴィス・プレスリーの声も魅力的ですが、このHi-STANDARDバージョンが大好きです。

 

 

イントロでは原曲をリスペクトするかのようにバラード調のアルペジオ、ストリングスの音が彼らの音楽曲では珍しく響きます。

 

そこから一転してギター、ベース、ドラムスのスリーピースロック音、あー、このアレンジは素晴らしい❗

 

特に1:37からのギター演奏がGood❗


f:id:ongaku_somurie:20191230220914j:image

Love Is A Battlefieldより

 

 

英語歌詞ですが、その意味は ″君を好きにならずにはいられないよ″ というラヴソングになります。

 

Wise men say

Only fools rush in

But I can't help fallin in love with you

賢い人はこう言う

勢いよく飛び込むのは愚か者のすることだと

でも、君を好きにならずにはいられないよ

 

Shall I say

Would it be a sin?

If I can't help falling in love with you

言ってもいいかな?

罪になるのかな?

もし僕が君を好きになってしまったら

 

Like a river flows

Surely to the sea

Darling so it goes

Somethings are meant to be

川の流れが

やがて海へと流れ着くように

ダーリン、この感情も続くんだよ

運命づけられたこともあるんだよ

 

Take my hand

Take my whole life,too

For I can't help falling in love with you

僕の手をとって

僕の人生全てを受け止めておくれ

だって君のことを好きにならずにはいられないんだ

 

 

原曲では「Shall I say (言ってもいいのかな)」の部分が「Shall I stay (いてもいいのかな)」になっています。

 

歌詞を変えているのは、わざとなのか!? その前の「Wise men say」にかけているのか!? 気になるところです。

 

英語歌詞ではありますが、単語は非常にシンプルなので、口づさんでしまう楽曲です。

 

ロックで荒々しいサウンドににアレンジされていますが、ラヴソングだというのを認識して聴くと、楽曲の良さが再認識できます。

 

アレンジを変えると、楽曲の表情も大きく変わるので面白い!

 

テレビ番組の挿入歌として、いまだによく使用されているので聴いたことある方も多いかと思います。

 

バラードをロックにアレンジした名曲は多し、今後も紹介していきたいと思います。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

Love Is a Battlefield

Love Is a Battlefield

  • アーティスト:Hi-STANDARD
  • 出版社/メーカー: PiZZA OF DEATH RECORD
  • 発売日: 2000/04/05
  • メディア: CD