音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

ひとりの夜を抜け (2018年, Lucky Kilimanjaro)

このサウンドを聴けば、夜を歩きたくなる!

 

Lucky Kilimanjaro(ラッキーキリマンジャロ、通称:ラッキリ)

 

ラッキーキリマンジャロは東京を拠点としたエレクトロポップバンドです。ボーカルの熊木幸丸(クマキユキマル)さんを中心とした6人組み、2014年から音楽活動をスタートさせています。

 

シンセサウンドを駆使した1980年代の シティポップやディスコサウンドを感じとることができ、彼らの音楽はどこか懐かしく新しいという、不思議な感覚が味わえます。

 

 

メンバー

熊木幸丸(ボーカル/シンセサイザー)
柴田昌輝(ドラムス)
山浦聖司(ベース)
大瀧真央(シンセサイザー)
松崎浩二(ギター)
奥真人(パーカッション)


f:id:ongaku_somurie:20200105003723j:image

 

この『ひとりの夜を抜け』は都会の夜の街を幸丸さんが、踊り歩くミュージックビデオが印象的です。都会の夜は明るい、そして昼間とは違った光を放つ景色を見ることができます。

 

夜の街系の楽曲

こういうサウンドを聴きながら

街を散策したい❗

 

踊りたくなるダンスミュージックがベースなのですが、シンセ一辺倒ではなく、ベース、ドラム、ギター、パーカッションの生楽器の音が巧みにミクスチャーされていて、すごく心地よいです。

 

そして幸丸さんのボーカルもGood❗

個人的には歌詞の行間に入る「ヘイッ」や「ウンッ」といった ″合いの手″ がすごく好きです。また歌詞も夜を踊る雰囲気が存分に出ております。

 

 

作詞 : 熊木幸丸

作曲 : Lucky Kilimanjaro

ひとりの夜を抜け
どこまで行く
くたびれたスタンスミス
いつか果てる
その目的を探す

虚しい朝を抜け
何を愛でる?
色あせたユニットバス
いつか踊りだす
未来を信じて


夜の深さに
自信を失う
最近いいことないし
正解とか探しちゃう

いいから進もう
思いの向くまま
悩む理由は悩んでから考えろ

振り向きがちなあなた
優しくて臆病だ
小さなことで
落ち込んでしまう

いいから進もう
思いの向くまま
涙が出るのは強い証だ


ひとりの夜を抜け
どこまで行く
くたびれたスタンスミス
いつか果てる
その目的を探す

虚しい朝を抜け
何を愛でる?
色あせたユニットバス
いつか踊りだす
未来を信じて


壁の高さに足が震えてる
あんまり自信はないし
うまくやれるかな

いいから踊ろう
思いの向くまま
うるさいやつらは
適当に無視しろ

八方美人なあなた
嫌われるのが苦手
小さなストレス
溜め込んでしまう

いいから踊ろう
思いの向くまま
好きな自分を諦めたくはないな


ひとりの夜を抜け
どこまで行く
くたびれたスタンスミス
いつか果てる
その目的を探す

虚しい朝を抜け
何を愛でる
色あせたユニットバス
いつか踊りだす
未来を


ひとりの夜を抜け
どこまで行く
くたびれたスタンスミス
いつか果てる
その目的を探す

虚しい朝を抜け
何を愛でる
色あせたユニットバス
いつか踊りだす
未来を信じて

 

ひとりの夜を抜け

どこまで行く

くたびれたスタンスミス*

(*アディダスのスニーカーのこと)

 

″スタンスミス″ という単語を入れてくるなんて、オシャレでいいなぁと思います。この単語を歌詞に入れ込むことで、見事に歩きまくってる感が出てきます。夜を踊らせるような巧みなリリック、素晴らしい❗

 

また1つ楽しみなバンドが増えました。

夜のランニングのお供にしたいと思います。

 

音楽ソムリエ

なゆた

HUG

HUG

  • アーティスト:Lucky Kilimanjaro
  • 出版社/メーカー: Dreamusic・
  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: CD