音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

おなじ話 (2005年, ハンバート ハンバート)

かけがえのないひととき・・・、この曲を聴くと思い返されるんだ!

 

ハンバート ハンバート(HUMBERT HUMBERT)は、1998年結成された日本の男女二人組デュオです。

 

メンバー

佐藤良成

佐野遊穂

 

二人は夫婦であり、三人の男の子の両親でもあります。ナチュラルでさわやかな夫婦、そしてカッコいい❗ 是非ともこんな夫婦になりたいものです。

 

この『おなじ話』は2005年に発売されたハンバートの3枚目のシングル曲、アルバム『11のみじかい話』に収録されています。各地のFM局でパワープレイになったこともあり、私にとってもハンバートを知るきっかけとなった楽曲です。


f:id:ongaku_somurie:20200121230722j:image

 

美しいシンプルな音に、お二人の響く声が心にしみこむ・・・、そんな楽曲です。佐藤さんのよく響く低音ボーカルと佐野さんの透明感のある声が心地よく、二人の声がハモった時に、あ~~となる感じ、音楽の良さを再認識させてくれます。

 

『おなじ話』の歌詞は、二人が会話するような形式で淡々と進んでいきます。

 

会話の受け答えをしているかのようで、していない不思議な歌詞、この歌詞はいったい何を意味しているか?

 

実はリスナーに曲のストーリーを創造させてくれる、そんな素敵な歌詞となっています。

 

 

作詞作曲:佐藤良成

どこにいるの? 窓のそばにいるよ
何をしてるの? 何にもしてないよ
そばにおいでよ 今行くから待って
話をしよう         いいよ、まず君から

 

どこにいるの? 君のそばにいるよ
何を見てるの? 君のこと見てるよ
どこへ行くの? どこへも行かないよ
・・・・・・・ ずっとそばにいるよ

それから 僕も君を見つめ
それから いつも同じ話

 

どこにいるの? となりの部屋にいるよ
何をしてるの? 手紙をかいてるの
そばにおいでよ でももう行かなくちゃ
話をしよう         ・・・・・・・・

 

それから 君は僕を見つめ
それから 泣きながらわらった

さよなら ゆうべ夢を見たよ
さよなら いつもおなじ話

 

最後に綴られている ″さよなら″ という言葉、この曲は別れを暗示した少し悲しい曲だというのを教えてくれています。

 

 

登場人物は二人

「どこにいるの?」

という呼び掛けに

「窓のそばにいるよ」

という返事が返ってきます。

 

理由は分かりませんが、君がどこにいるのか分からないようです。病気やケガ、もしくは離れたところに居るからなのか!?

その不安をぶつけるかのように僕からの呼び掛けは続き、君の存在を確認しています。

 

一番の歌詞では、呼び掛けに対してきちんと最後まで返事が返ってきます。つまりお互いやり取りできる状態、″さよなら″ する前の過去をなぞっているのだと思われます。

 

 

しかし、二番になると

呼び掛けの歌詞中に・・・・・・・・

沈黙する部分があり、これが重要なメッセージになっています。僕は何らかの理由で呼び掛けをすることができない状態になったことが予想されます。

 

そして歌詞は次のように続きます

″それから 僕も君を見つめ″

″それから いつもおなじ話″

 

ここで、これまでは見えていなかったのに、なぜか僕は君を見つめることができるようになっています。それから、いつもおなじ話を続けるとあります。

 

例えば僕が亡くなってしまい、写真になったので、写真の僕は君を見つめることができた・・・

 

それとも、亡くなった後の世界で、君を見つめることができるようになったのか・・・

 

詳細は分かりませんが、悲しい別れが描かれています。

 

 

そして、三番では最後の

「話をしよう」の呼び掛けの後に、君の

 ・・・・・・・・の沈黙があります

僕のおなじ問いかけに言葉を詰まらせている情景が想像できます。

 

そして歌詞は次のように続きます

″それから 君は僕を見つめ″
″それから 泣きながらわらった″

 

君が写真の僕を見つめて、泣きながらわらったとすれば・・・、隠れていた悲しく切ない話が連想されます。

 

 

″さよなら ゆうべ夢を見たよ″
″さよなら いつもおなじ話″

 

ここで歌詞中で初めて ″さよなら″ というお別れを意味する言葉が出てきます。そして、ゆうべも夢に見たと。

 

そして、一番最後には ″さよなら いつもおなじ話″ とあり、おなじ話と別れようとする気持ち、これが泣きながらわらった理由なのかもしれません。

 

 

曲名の「おなじ話」、同じフレーズで呼び掛けを繰り返している僕、僕が亡くなってしまうと、おなじ呼び掛けは想像できるけど、返事の言葉に詰まってしまう・・・

 

隠れた悲しいストーリーが浮かび上がってきます。この解釈が正しいかは分かりませんが、行間を読むと不思議と浮かび上がる話

 

短い歌詞でありながら、聴き手にたくさんの情景を想像させることができ、本当に美しい歌詞だと思います。

 

また、アコースティックギターとハーモニカのみのシンプルな演奏、そして二人の美しく響く声、聴く人には何事もないやり取りが特別だったと思い返させる歌詞、かけがえのない名曲だと思います。

 

かけがえのないひとときを思い返させる・・・

そんな楽曲

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

11のみじかい話

11のみじかい話