音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

Get Up I Feel Like Being A Sex Machine (1970年, JAMES BROWN)

ほとばしる熱とシャウト、これぞファンクの原点!



シャウトを用いたソウルフルなヴォーカル

革新的であったファンク・サウンド

ジェームス・ブラウンの代表曲

『Get Up I Feel Like A Being A Sex Machine』

Get Up (ゲロッパ)のシャウトがこだまする

 

ジェイムズ・ジョセフ・ブラウン・ジュニア(James Joseph Brown, Jr., 1933 - 2006)は、アメリカ合衆国のソウルミュージック、R&B、偉大なファンク・シンガーです。

 


f:id:ongaku_somurie:20200307121255j:image

 

1拍目を強調した16ビートのリズムとフレーズの反復を多用したファンクの曲構成

 

リズムギター、分厚いホーンセクションなど、ベースやドラムス以外の演奏楽器もファンクのビートを形成しており、気持ちがよい

 

 

Get Up ゲロッパ ( 立ち上がれ!)

 

歌い出す前から、汗がだくだく流れ

アフロヘアーが素敵だ

独特のダンス

 

そしてバックで流れる演奏がボーカルとは対照的にクールで規則正しい、ファンクビートを刻む、そのリズムが本当に心地よい、そして管楽器隊のダンスもよい

 

白黒の映像がカッコよすぎる

 

歌詞はゲロッパしか歌っていないかと思いきや、けっこういろんな言葉を発している

曲名通り、実はSEXについて赤裸々な歌詞、大人向けだ

 

欲望を熱く外に吐き出したら、このようになるのかな・・・

 

Fellas, I'm ready to get up and do my thing (yeah go ahead!)
I wanta get into it, man, you know (go ahead!)
Like a, like a sex machine, man, (yeah go ahead!)
Movin' and doin' it, you know
Can I count it off? (Go ahead)
One, two, three, four!

Get up, (get on up)
Get up, (get on up)
Stay on the scene, (get on up), like a sex machine, (get on up)
Get up, get on up
Get up, get on up
Stay on the scene, (get on up), like a sex machine, (get on up)
Get up, get on up
Stay on the scene, (get on up), like a sex machine, (get on up)

Wait a minute!
Shake your arm, then use your form
Stay on the scene like a sex machine
You got to have the feeling sure as you're born
Get it together, right on, right on

Get up, get on up

You said, you said you got the
You said the feeling you got to get
You give me the fever 'n' a cold sweat
The way I like, it is the way it is
I got mine 'n' don't worry 'bout his

Get up, get on up
Stay on the scene, (get on up), like a sex machine, (get on up)
Get up, get on up

Bobby! Should I take 'em to the bridge?
(Go Ahead!)
Take 'em on to the bridge!
(Take em to the bridge!)
Should I take 'em to the bridge?
(Yeah!)
Take 'em to the bridge?
(Go Ahead!)
Hit me now!
Come on!

Stay on the scene, like a sex machine!
The way I like it is, is the way it is
I got mine, (dig it!), he got his

Stay on the scene, like a lovin' machine
Stay on the scene, like a lovin' machine
Stay on the scene

I wanna count it off one more time now
(Go ahead!)
You wanna hear it like it did on the top fellas?
(Yeah!)
Hear it like it did on the top?
(Yeah!)
Hit it now!


Get up, get on up
Get up, get on up

Stay on the scene, like a lovin' machine
Get up, get on up


Taste, (get on up)
Bein', (get on up)
Taste, (get on up)
Bein', (get on up)

Get up, get on up
Get up, get on up
Stay on the scene, like a sex machine

You gotta have the feelin, (get on up)
Sure as you're born, (get on up)
Get it together, right on, right on
Right on, right on, (right on, right on)

Get up, (get on up)
Get up, (get on up)
And then, shake your money maker
Shake your money maker

Can we hit it like we did one more time, from the top
Can we hit like that one more time
(One more time!)
One more time!
Let's hit it and quit! (Go ahead!)
Can we hit it and quit? (Yeah!)
Hit it!

 

 

歌詞を要約すると

 

おまえら、ダンス・フロアに出て、精根尽き果てるまで踊って踊って踊りまくれ!

 

セックス・マシーンのように、果てることを忘れてそのままずっと踊ってみせろよ。ただ踊るんじゃなく、感情を込めて踊るんだ。

 

俺の緊張を放って、身体を熱くさせてくれよ。他の誰かのことなんか気にするな!いいぞ、その調子で続けてくれよ。

 

女たちは思いっ切り腰を振って踊れ。腰をセクシーに揺さぶって、男たちを挑発する踊りをやってみせてくれよ。

 

歌詞中に出てくる「money maker」は、アメリカでは「女性の臀部」を表すスラングであり、女性達に向かって、「自分の武器を最大限に駆使して男たちを挑発しろ」と促しているらしい。

 

人の欲求とは罪深いもの、特に「性」に対する欲求は不条理にも隠したがる傾向があるが、生きる本質には抗えない。

 

歌詞解釈では、下品だとの批評もあったが、現代の豊かな生活の中では薄れてしまった真の欲求、それを解放する熱をこの楽曲では教えてくれている気がする。

 

豊かになると大事なものも失っていくのかな

我慢することなく踊ることも大切かも

 

音楽ソムリエ

なゆた

Revolution Of The Mind: Live At The Apollo, Vol. III

Revolution Of The Mind: Live At The Apollo, Vol. III

  • アーティスト:Brown, James
  • 発売日: 1993/03/23
  • メディア: CD