音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

Everlong (1997年, Foo Fighters)

夢の中を交錯する映像とメロディアスな音、全てをリアルに感じることができたなら・・・

 

当時このサウンドと映像に衝撃を受けた!

夢の中を交錯するストーリー

優しく語りかけるような声

しかし、ポストグランジサウンド

激しい演奏でありながら

なんてメロディアスなロックなんだ!

Foo Fightersの『Everlong』

ぬぅわぉーー❗

そして「手」がぁっ、でっかくなる❗❗

 

 

フー・ファイターズ(Foo Fighters)は、1994年に結成されたアメリカ出身のロック・バンド。ニルヴァーナの元ドラマーであるデイヴ・グロールさんが中心となって結成された。

 

バンド名である「フー・ファイター」の由来は、未確認飛行物体を指すスラング用語から名付けられた。その名の通り、誰も聴いたことのない音楽を届けることが、彼らのミッションでした。


f:id:ongaku_somurie:20200428221908j:image

 

『Everlong』は1997年にリリースした2作目のアルバム『ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ』に収録されている。

 

アルバムのレコーディング当時、ボーカルのデイヴさんは、自身の離婚やメンバーの脱退など、厳しい状況に置かれていた。

 

しかし、同作からのシングル・カットされたこの『Everlong』は英米でヒットを記録し、ミュージックビデオは1998年の「MTV Video Music Awards」を授賞している。

 

よかったよかった

 

歌詞は悲しい ″If″ もしも・・・だったならと、後悔の念が綴られています。一見すると風変わりなミュージックビデオですが、実は歌詞と絶妙にリンクしています。

 

 

Hello, I’ve waited here for you

Everlong

Tonight, I throw myself into

And out of the red

Out of her head, she sang

やぁ、君を待ち続けていたんだ

ずっと長い間

今夜、俺は全力を尽くし

抜け出すんだ

思うがままに、彼女は歌った

 

Come down, and waste away with me

Down with me

Slow how you wanted it to be

I’m over my head, out of her head she sang

And I wonder when I sing along with you

失望し、ボロボロになっても一緒にいてくれるかい
俺と一緒に

君が望むようにゆっくりと

俺にはどうしようもない

思いままに彼女は歌った

不思議だよ、君と一緒に歌っていると

 

If everything could ever feel this real forever
If anything could ever be this good again
The only thing I’ll ever ask of you
You’ve got to promise not to stop when I say when
She sang

何もかも永遠に真実として感じる事ができたなら

こんな素敵な事が、再び起こったなら

一度きりのお願いだ

俺が何と言おうと止めないで、そう約束してくれ

彼女は歌った

 

Breathe out, so I can breathe you in
Hold you in

And now I know you’ve always been
And out of your head, out of my head I sang

And I wonder when I sing along with you

息を吐き、君を吸い込むように

君を抱きしめる

今なら分かる、君はいつもいてくれた

君の想いと、俺の想いを、俺は歌った

不思議だよ、君と一緒に歌っていると

 

If everything could ever feel this real forever
If anything could ever be this good again
The only thing I’ll ever ask of you
You’ve got to promise not to stop when I say when
She sang

And I wonder…

何もかも永遠に真実として感じる事ができたなら

こんな素敵な事が、再び起こったなら

一度きりのお願いだ

俺が何と言おうと止めないで、そう約束してくれ

彼女は歌った

不思議だよ

 

If everything could ever feel this real forever
If anything could ever be this good again
The only thing I’ll ever ask of you
You’ve got to promise not to stop when I say when

何もかも永遠に真実として感じる事ができたなら

こんな素敵な事が、再び起こったなら

一度きりのお願いだ

俺が何と言おうと止めないで、そう約束してくれ

彼女は歌った

 

 

 

大事なものは失ってから気づいてしまうのでしょうか・・・。

 

夢じゃなくて、この出来事が真実だったなら、こんな素敵なことがもう一度あったなら、・・・でも現実はそううまくはいかない。

 

2006年の「Kerrang!」のインタビューの中でデイヴさんは以下のように語っていたという。

この曲は俺が恋に落ちた女の子についての曲で、誰かと深く繋がるってことについて歌っている。

 

肉体的、精神的にその人のことを愛してるかどうかってだけじゃなくて、その人と歌を歌った時になぜか完璧にハーモニーが成り立つっていう、そういうことについての曲なんだ。

https://rockinon.com/news/detail/172085より引用

 

一緒に歌うことで繋がっていたという言葉が印象深い。

 

 

ミュージックビデオは鬼才Michel Gondry (ミシェル ゴンドリー)監督によって制作されました。一度見たら忘れられない映像、いつまでも心に残る。

 

天井が異常に低い、窓の外の景色がレンガの壁、途中から悪党が人形に雑に代わる演出等々、細かいネタがたくさん散りばめられており、魅了される。

 

ミュージックビデオは一見風変わりだが、きちんと歌詞にリンクされていて、夢と現実を行ったり来たりする。

 

後半の見所、ヌンチャクではなく、ハンドを大きくして戦う場面は必見です。そして最後はカッコ良くロックで締める。このミシェル ゴンドリー監督のミュージックビデオも好きで好きでたまらない。

 

音楽ソムリエ

なゆた

Colour and the Shape

Colour and the Shape

  • アーティスト:Foo Fighters
  • 発売日: 2018/03/16
  • メディア: CD