音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

Contact TOSHIKI HAYASHI (%C) remix (2017年, 鈴木真海子)

優しくGoodなアンニュイ ラップが心地よい!

 

緑が深い

日が長い

そして暑い・・・。

 

そんな時に聴きたくなるようなミディアムナンバー、鈴木真海子さんの『Contact (コンタクト)』です。

 

鈴木真海子さん

2人組女性ラップ・デュオであるchelmico(チェルミコ)のMamiko(マミコ)としても活躍しているシンガーです。

 

#ショートカット
#1996.06.26生まれ
#東京都出身
#ラジオ鑑賞
#お笑い
#映画鑑賞
#飲み

http://chelmico.com/profileより

 

 

女性ボーカル特有のソフトさに、アンニュイ(気だるい)感覚がミックスされてGood❗また真海子さん低音の使い方が上手く、高音の優しさと相まってカッコ良いトラックとなっています。


f:id:ongaku_somurie:20200610003421j:image

 

楽曲は国内のヒップホップ・シーンで実力派ビートメイカー/DJと知られる %C (パーシー)ことTOSHIKI HAYASHさんが手掛けています。

 

 

このビートが素晴らしくオシャレな感覚

 

使われている音、ビート数は少いのですが、真海子さんの声が引き立つトラックとなっており、聴いていてすごく心地よい。

 

歌詞はchelmicoのもう一人のボーカル、Rachelの恋バナから発想を得て書いたとのこと。しっとりとした曲調ですが、愛がふやけてしまうと表現される赤裸々な失恋歌詞となっています。

 

 

作詞:Suzuki Mamiko   

作曲:TOSHIKI HAYASHI (%C)

いつからだろう、この心

ぐるぐる廻る様になったのって

フレーズがぐるぐる巡ってる

ズルズルと引きずってる

何がきっかけか分かりゃしない

積み重なった何かじゃない?

言葉にしなかった何かじゃない

ずるいことしてたのは嘘じゃない

 

何がきっかけか分かりゃしない

積み重なった何かじゃない?

言葉にしなかった何かじゃない ずるいことしてたのは嘘じゃない

見て見ぬふりしてた
それはお互い様 知ろうとしていなかった でも、それでいいと思ってた あの温もり あの時のキス あの時の微笑み 思い出して恋して これ続けられるうちはまだいいわね

 

どこまで君といれるの 遠くまで来ちゃったみたいね どこまで君といれるの トークさえうまくいかない ふやけた愛です

 

同じ夢を見ていたかった 愛された記憶が おかしくしてんだ 好きって気持ちの種類の多さ 簡単なはずなのに空回り ロンリーロンリー Oh... もとどおりにはならない Hey! Look back, baby Looking towards me what should I do Sweetな日々は続く 何て甘い想像していた風 浮かれていたかったね I & You 結末は知ってるこのストーリー 残り1ページのどんでん返し 期待してる私は 一番のfool

 

どこまで君といれるの 遠くまで来ちゃったみたいね どこまで君といれるの トークさえうまくいかない ふやけた愛です

 

Deep Green、緑が濃い時期になってきました。でもこんな時期、外をパトロールしたい気分になります。暑いけど・・・。

 

綺麗な夕空も見たいものです。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

DEEP GREEN

DEEP GREEN

  • アーティスト:鈴木真海子
  • 発売日: 2017/06/21
  • メディア: CD