音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

Get Away (2011年, Yuck)

シューゲナイザー、ギターの歪んだ音、それとは対照的に美しいメロディーが響く!

 

エレキギターのディストーションとノイズ

浮遊感のあるサウンド

1990年代のオルタナティブロックを想起させる

しかし、メロディーはギターのノイジーなサウンドとは対象的に美しい

 

シューゲナイザーにはまる・・・

 

 

ヤック(Yuck)は2009年にイングランド、ロンドンで結成されたインディー・ロックバンド。バンド名「Yuck 」の意味は、「オエッ!, ゲーッ!, ウヘーッ!」と英語辞書には記載されている。

 

「Yuck 」、その抽象的な擬音語には、嫌悪や反感の意味が込められている。まさか辞書に「ウヘーッ!」って書かれているとは思わなかったため驚きであった。日本語には当てはまる言葉がなく、″訳せない英語″ なのかもしれない。

 

音楽は、シューゲナイザーと言われるジャンルである。フィードバック・ノイズやエフェクターなどを複雑に用いた深いディストーションが特徴的なギターサウンド、ミニマルなリフの繰り返しで構成される。

 

さらにポップで甘いメロディーを際立たせた浮遊感のあるサウンド、囁くように歌い上げるボーカルなどが、その特徴である。


f:id:ongaku_somurie:20200712215759j:image

 

この『Get away』はイントロのノイジーなギター音が印象的に響くのですが、激しい楽曲といよりはメロディーを大事にした美しい旋律がGoodです❗

 

歌詞の意味は、ラブソング、君を思う気持ち、その葛藤、頭から離れない、気持ちからは逃げられないと綴られています。

 

Break it down and then break it up again

Me and my guitar drowning down and down

Not even the pain kicks in

Tell me when the pain kicks in

分解して、また分解して

私とギターが溺れて下へ下へ

痛みすらおぼつかない

痛みが襲ってきたら教えてくれ

 

Oh, I can't get away

Oh, I can't get away

Oh, I can't get away

Oh, I can't get away

ああ、逃げることはできない

 

Panoramic view, that's one thing I won't do

No shouted abuse from the corner of my mind

Not even the pain kicks in

Tell me when the pain kicks in

パノラマビュー、私がしないことの一つだ。

心の片隅から罵声はない

痛みすらおぼつかない

痛みが襲ってきたら教えてくれ

 

Oh, I can't get away
Oh, I can't get away
Oh, I can't get away
Oh, I can't get away

ああ、逃げることはできない

 

Summer sun says get out more
I need you, I want you
But I can't get this feeling off my mind
I want you, I need you

夏の太陽はもっと外に出ろと言う

君が必要だ、君が欲しい

でも、この気持ちが頭から離れない

君が欲しい 君が必要なんだ

 

Oh, I can't get away
Oh, I can't get away
Oh, I can't get away
Oh, I can't get away

ああ、逃げることはできない

 

Summer sun says get out more
I need you, I want you
But I can't get this feeling off my mind
I want you, I need you
Summer sun says get out more
I need you, I want you
But I can't get this feeling off my mind
I want you, I need you

夏の太陽はもっと外に出ろと言う

君が必要だ、君が欲しい

でも、この気持ちが頭から離れない

君が欲しい 君が必要なんだ

 

 

ギターサウンドが印象的な曲ですが、サビ部分のメロディーは美しく、押さえられない気持ちや葛藤が伝わってきます。

 

またシューゲナイザーの特徴的な、ディストーションのかかったギターサウンドがまるで心の葛藤を表現しているようで、歌詞の意味を知ると、よりエモーショナルな楽曲として聴こえてくるのではないかと思います。

 

シューゲナイザー好き、シューゲを聴いたことのない人、どちらの方にもハマりそうな素晴らしい楽曲だと思います。

 

Yuckは現在も活動していますが、残念ながら、当時ボーカルをつとめていたダニエル・ブランバーグさんは脱退し、新メンバー1人が加入、4人体制だそうです。

 

ちなみに、ベースを担当されているのはMariko Doi(マリコ・ドイ)という広島出身の日本人女性だそうです。

 

良い意味で、日本人っぽくなく、カッコいいです!2019年には「土居万鈴」名義でソロアルバム『ももはじめてわらう』をリリースしており、今後も活躍が注目です。

 

 

 

音楽ソムリエ

なゆた

Yuck

Yuck

  • アーティスト:Yuck
  • 発売日: 2011/02/15
  • メディア: CD