音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

常夜燈(2020年, PEOPLE 1)

胸の常夜燈(じょうやとう)の意味は?変則的なリズムと休符、その重なりが心地よい!



変則的なリズムと休符

初めて聴く独特の ″間″ に心動かされる

PEOPLE 1の『常夜燈』

 

目次

 

PEOPLE 1とは

2019年末の配信音源「大衆音楽」のリリースと同時に始動したDeu(Vo, G, B, etc)、Ito(Vo, G)、Takeuchi(Dr)の3名からなるバンド。現在、メンバーの経歴など詳細は知らされていない。YouTubeにアップされたミュージックビデオが話題となり、注目を浴びている。

 

正体の分らないものに人は惹かれます・・・。

 

『常夜燈』の特徴

とにかく聴いたことがないようなリズムと休符、通常なら引っ掛かるであろう感覚。まるで全ての楽器がリズムを奏でているようであり、最高!!

 

色んな拍が重なり合って、大人へ、未来へと階段を進んでいくかのようである。

 

時にはゆっくり、また、時にはまるでダッシュするかのように速く、変則的にリズムは刻まれていく。

 

この拍の重なりが独特で、新しい音楽、新鮮さを与えてくれる。しかし、曲全体では見事に調和していて心地よい。不思議である。

 

 

歌詞

天国に学校はあるかしら

ふらつく足で見つけたのは

古い映画の悲しい結末

皆は君の 君は神様のせいにする

その神様の歌声は

今じゃよくあるコンビニの放送

 

みんな優しさを受容して

そっと心に釘を打つの

期待はずれの夜を抜けて

 

この世界には 未来がキラキラと

みえる人もいるというの

それならば

食えぬものなど置いていかなくちゃ

例えばこんな胸の常夜燈も

 

 

才能って一体何だろうね

ブランコを漕ぐみたいな日々が

何気なく君に色を差す

 

いつか大人になるならば

忘れたことも思い出そう

そんな努力もしてみよう

 

そんな些細な妄想で

胸の爆弾は軽くなるの

先延ばしの朝を迎えて

 

この世界では 人をだましたり

モノを盗んではいけないというの

それならば 欲しいものなど君にあげるよ

例えばこんな胸の常夜燈も

 

 

この世界には 未来がキラキラと

みえる人もいるというの

それならば

食えぬものなど置いていかなくちゃ

 

臆病な自尊心に

匿われて目覚めたのは あの頃の僕らだ

いつか大人になるのならば

欲しい物など君にあげるよ

例えばこんな胸の常夜燈も

 

歌詞の意味

常夜燈(じょうやとう)とは、一晩中つけておく明かりのこと。また、暗い夜道で迷わないための道標としても使用される。

 

常夜燈は常についているが、強い光ではない。しかし、小さくても消えない光なのだ。

 

「胸の常夜燈」という表現が印象的で、大人へ、そして未来へと向かう時、胸に秘めた夢や目標のように受け取れると感じました。

 

未来がキラキラに見えるような人ではなく、未来が想像できない不安な私、食えぬもの(生活につながらない夢や目標)は置いていかなくちゃ・・・。

 

いつか大人になるならば、そんな目標への努力したことを思い出してみる。そうすれば、あきらめた過去にも救われる。いつかは自分だけの目標だけでなく、他の人にも目標を与えられる人へと成長していく。

 

大人になるというのは、自分の夢や目標を信じて持つだけでなく、他の人にもそれを与えることができる人なのかもしれない。

 

ミュージックビデオは躍動感があって良い。

そんな大人になれているのか・・・。

 

 

 音楽ソムリエ

なゆた

 

GANG AGE

GANG AGE

  • アーティスト:PEOPLE 1
  • 発売日: 2020/09/30
  • メディア: CD