音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

シカゴ(2000年, Clammbon_クラムボン)

『シカゴ』の曲題に隠されたその意味は? 素直になれない気持ち…がもどかしい!



イントロの鍵盤の響きと

シンセサウンドが圧倒的によい!

色褪せない名曲、クラムボンの『シカゴ』

 

目次

 

クラムボンとは

1995年に結成された、原田郁子(ボーカル・キーボード)、ミト(ベース)、伊藤大助(ドラムス)の3名によるバンド。その独創的な音楽は色褪せない多くの名曲を生んでいる。

 

バンド名であるクラムボンは宮沢賢治さんの短編童話「やまなし」に登場するクラムボンが由来となっているとのこと。未だに不思議な話だったの覚えてる…。


f:id:ongaku_somurie:20200929231131j:image

 

この『シカゴ』はおよそ20年前の曲とは思えない。その古さを感じさせないサウンドは、ボーカルの原田さんの独特な歌唱、シンプルで洗練されたベース、ドラムスのリズムから産み出されている。

 

今聴いても新鮮で独創的であり、さらに楽しく明るく、ポップな曲調が素晴らしい。特にイントロの和音が心地よく、跳ねるように音が鳴り、気分が明るくなる。

 

そして、曲題の『シカゴ』は何を意味するのかの説明がまったくない。歌詞には全く出てこないので、色々自分なりに考えたところ、ある一つの結論に至りました。

 

まずは歌詞をよく読んでみるべし。

 

 

歌詞

作詞: 原田郁子    

作曲:クラムボン・ミト

何にも言えないよ 

そんなつもりじゃないの 

デタラメしゃべりだすわ

 

みるみる ふくれる まっくろなアイツと

みるみる しぼむ まっしろなアイツを

飼っていたんだ 夢の中でだけは

たまに会うんだ 夢の中にいれば

出てこないで 遊んであげないよ

出てこないで そこへは もうもどらない

んーこっそり まぶたの奥 ひそんで

あらわれるなんて 昼下がり

もう何にも言えないよ

そんなつもりじゃないの

デタラメしゃべりだす

 

ああ何て言えばいいの 

そんなつもりじゃないの 

アレコレしゃべりだすわ

くるくる すべて おまえはついてきて

くるくる わらう 誘ってるつもりね

出てこないで 遊んであげないよ

出てこないで そこへは もどれない

夢のなかにも 「お帰りなさい」

夢のなかに もう「帰りなさい」

 

困らせないで からかわないで 

こっちはダメよ イタズラしないで

もう何にも言えないよ 

そんなつもりじゃないの 

デタラメしゃべりだす

ああ何て言えばいいの 

そんなつもりじゃないの 

アレコレしゃべりだすわ

夢のなかにも 「お帰りなさい」

夢のなかに もう「帰りなさい」

 

歌詞の意味について

まるで空想の中にいるような世界観が特徴的である。夢の中で出会うアイツについて、「出てこないで」、「遊んであげないよ」と否定的な言葉が並ぶが、少し出てきて欲しいようにも聴こえる。

 

しかし、そのように受け取られるのがイヤだったのか、「そんなつもりじゃないわ、デタラメしゃべりだすわ」と否定する気持ちを伝えている。

 

こんなやり取りが繰り返され、二番では「もう夢の中に帰りなさい」とアイツを追い出してしまおうとする。

 

「何て言えばいいの、そんなつもりじゃないわ、デタラメしゃべりだすわ」

 

自分が本当に思っていることを伝えられないもどかしさが見え隠れする。

 

シカゴの意味とは

ここで曲題の『シカゴ』の謎が残されたままである。歌詞中にはまったく出てこないのだ。シカゴ(Chicago)は、都市名やミュージカル、映画の題目としても有名であるが、アメリカの音楽バンドである ″シカゴ″ になぞらえているのだと思われる。

 

シカゴの代表曲、1982年に発表された名曲「Hard to Say I'm Sorry(素直になれなくて)」、素直になれないもどかしい思いを伝えた名曲だが、この『シカゴ』という曲が、素直になれない気持ちを表現しているすれば合点がいく。点と点がつながり全て理解できるのだ。

 

私の中での答えですので悪しからず(確証なし)。

 

クラムボンについて

宮沢賢治 作「やまなし」では次のような文章で物語が始まります。

 二疋(ひき)の蟹(かに)の子供らが青じろい水の底で話していました。
『クラムボンはわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』
『クラムボンは跳はねてわらったよ。』
『クラムボンはかぷかぷわらったよ。』

・・・

何のことを言っているのか分からないけど、フワフワしたやり取りが独特で魅力的だった。

『シカゴ』はこの不思議なクラムボンのやり取りを想わせる、分かりそうで分からない独特なやりとりが印象的だ。独創的な楽曲はいつまでも新しく、色褪せない。

 

クラムボンって何なのか?

謎は深まるばかりだ…。

 

音楽ソムリエ

なゆた

まちわび まちさび

まちわび まちさび

  • アーティスト:クラムボン
  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: CD