音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

Hug (2019年, 空音 feat. kojikoji)

心の傷に音の絆創膏、ドレミの音符をミルクに溶かす!? 



このリリックに衝撃を受けた…

何てヘンテコリンな歌詞だ!!

しかし、変な歌詞にも関わらず

めちゃくちゃカッコいいんだ!

 

目次

 

空音とは

2001年生まれ、兵庫県尼崎市出身のHIP HOPアーティスト。2019年、自身が高校生の時に発表した1st EP「Mr.mind」が、そのクオリティの高さから注目を集める。

 

同年、1stフルアルバム「Fantasy club」をリリースし、Apple Musicの「ヒップホップ/ラップ」チャートで1位を獲得。

 

2020年には、2ndフルアルバム「19FACT」をJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント/SPEEDSTAR RECORDSよりリリースし、メジャーデビュー。現在(いま)、注目の若手ラッパーである。


f:id:ongaku_somurie:20201223235007j:image

 

『Hug』

Hugは「抱擁、抱き締める」の意味。

ミュージックビデオで描かれているように、すれ違いの関係からの修復には、Hugが必要という極めてシンプルなテーマの楽曲であるのだが…。

 

メロディーはキャッチーで、心地よく、巧みな高速ラップが走る。変幻自在に飛び跳ねるラップとリズムに魅せられて、何度も聴きたくなる。

 

そして、フューチャリングの kojikojiさんの透明感のある声が重なるメロディーはポップでありながら美しい旋律で耳に残る。

 

楽曲が良いので、最初はあまり意識していなかったのだが、よくよく聴くと、歌詞が極めてユニークである。

 

 

歌詞

作詞:空音

作曲:空音

パンイチ小僧が走り回る地球は
エイリアンによって侵略されました
助けを呼ぶJapanese people, Restaurant
のシェフが作ってたナポリタンが踊り出す
奴らにゃ 感情ってもんが無くてさ
何故か“惑星”に忘れたみたいで
野暮用でスーパーにお使い頼まれたあの子は
UFOに吸い込まれたのさ
一方 その頃planet treeで僕ら
Rabbitが地球に落ちてくのを見てた
CoreとかNovaとかよく分からんが
アダムとイブも首を傾げてた
俺は知らんぷりして彼女の手を引いて
足音立てずに逃げようとしたら
ギターを持つ少女が現れて
今目の前で歌い出したのさ

 

ただLoveが溢れるよ 今夜
てかLoveで満たそうよ 今夜
It's a dancing 見ててよAlien
Musicは世界を変えるよ
心の傷に音の絆創膏
パンにMellowのJamを塗ろう
ドレミの音符 Milkに溶かして
お菓子の家でGood night baby

 

あの子が付けたKissmarkがドレスコード
てんとう虫が寝癖の先っちょ
指に光をためて撃つ 心臓
意地張っても寒いだけさ
愛してるは まだ言わないで
それに代わるPhraseが欲しくて
ほっぺにチューより Love my tune
皆歌い出す Hug Hug Hug!!
深夜のバス停 時刻表には無い
“それ”に乗ったら 直ちにFly
音楽に宇宙も関係はない
たださ 愛の力で救いたいのさ
真面目に生きてきただけなのに
あの子からすりゃ悪者扱い
不完全な音を組み立てていく
エイリアンの脳にこれを搭載
てっきり 鉄筋コンクリートのようかと
思っていたけれど
君たちもその気になれば
地球の事だって愛せるはずなの もう
こっちの世界に住んでしまえばいいのに
本当 いっその事
そうか そうだよな 帰ってしまうよな
その前にこの曲を お土産に

 

ただLoveが溢れるよ 今夜
てかLoveで満たそうよ 今夜
It's a dancing 見ててよAlien
Musicは世界を変えるよ
心の傷に音の絆創膏
パンにMellowのJamを塗ろう
ドレミの音符 Milkに溶かして
お菓子の家でGood night baby

 

ただLoveが溢れるよ 今夜
てかLoveで満たそうよ 今夜
It's a dancing 見ててよAlien
Musicは世界を変えるよ
心の傷に音の絆創膏
パンにMellowのJamを塗ろう
ドレミの音符 Milkに溶かして
お菓子の家でGood night baby

 

歌詞の解釈

パンイチ小僧、エイリアン、ナポリタン

およそ繋がりが全く見えない言葉が絡まって何とも摩訶不可思議な歌詞である。

 

一方で、惑星、UFO、宇宙という壮大な世界観の中、音楽により、愛で溢れさせ、満たそうとする想いが発せられている。

 

彼 or 彼女に対する、憎悪をエイリアンに喩え、すれ違い別れてしまいそうになる恋愛のワンシーンを、宇宙規模に展開させる歌詞と表現が非常に面白いのだ。

 

特にお気に入りは次の部分

心の傷に音の絆創膏
パンにMellowのJamを塗ろう
ドレミの音符 Milkに溶かして
お菓子の家でGood night baby

音楽を比喩するのって結構難しいのですが、音を絆創膏に、Mellow(柔らかく、甘美的な音楽)を、少し物足りないパンに塗るジャム (Jam)に例えている。

 

さらには、ドレミの音符をミルクに溶かして、すやすやと眠れそうなドリンクを準備し、夢のようなお菓子の家で、ゆっくり休もうよと呼び掛けているのだ。

 

ユニーク!!普通の人では思い付かない見事な歌詞だ!

 

空音さんはなるべくネガティブな言葉を書かないように作詞を心がけているそうだ。それはリスナーにポジティブな気持ちを与えられるようにとの願いが込められている。

 

ポジティブな言葉で勇気を与えられる

Hugの大切さ、再認識しなければいけないな

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

Fantasy club

Fantasy club

  • アーティスト:空音
  • 発売日: 2019/12/18
  • メディア: CD