音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年3月_ランキング

the birth of the odyssey / monkey magic (1978年, ゴダイゴ)

オルタナティブでオリエンタルなシンセサウンドが鳴り響く

 

1978年の楽曲とは思えない

″あちょーー!!の声がこだまする

ゴダイゴ『 monkey magic』

 

目次

 

 

ゴダイゴ (GODIEGO) とは

1975年に結成されたロックバンド。プログレッシブ・ロック・バンドの草分け的存在である。

 

1970年代後半から1980年代前半にかけて多くのヒット曲を生み出し、日本の音楽界に多大なる影響を与えたバンドである。2006年には恒久的な再始動を宣言し、現在も活動中なのだ。

 

「プログレッシブ」とは、「進歩的」「先進的」「前衛的」というような意味である。


その音楽はクラシック音楽やジャズ、あるいは現代音楽との融合を試みたものも多く、演奏技術を必要とする楽曲が多い。


また、シンセサイザーやメロトロンなどといった、当時の最新テクノロジーを活用した楽器を使用することでも知られる。

 

先端を走る演奏技術が高いロックバンド、すごい!!


f:id:ongaku_somurie:20201208234157j:image

『the birth of the odyssey / monkey magic』

アルバム「MAGIC MONKEY (西遊記)」に収録されているこの楽曲、宇宙を想わせるような「THE BIRTH OF THE ODYSSEY」というインストゥルメンタル曲と合わせて1トラックとなっている。

 

宇宙の混沌から生まれるかのような、イントロのアチョーー!

 

ちなみに冒頭で「アチョーー!」と叫んでいるのは、ベースのスティーヴ・フォックスさんであり、これは何と彼のアドリブである。

 

楽曲では、西遊記のイメージ、オリエンタルなシンセサイザーのサウンドが流れる。そして、ギターの合いの手が何ともカッコ良い、今だに新鮮さを感じさせられる楽曲だ。

 

『 monkey magic』の歌詞は当時の日本の楽曲では珍しく全編が英語である。

 

日本語英語で、少しカタカナ発音な英語がリズミカルに響き、めっちゃカッコよいのだ。

 

歌詞と和訳

作詞:奈良橋陽子

作曲:タケカワユキヒデ

Born from an egg on a mountain top

The punkiest monkey that ever popped

He knew every magic trick under the sun

to tease the Gods and everyone and have some fun

Monkey magic

山の頂きで卵から生まれた

これまで飛び出た中で最もパンクな猿

猿は天道様の下で使えるあらゆる魔術を知っていた

神々や人々をからかい、楽しむための

猿の魔術

 

What a cocky saucy monkey this one is

All the Gods were angered

and they punished him

until he was saved by a kindly priest

and that was the start of their pilgrimage west

Monkey magic!

何とも高飛車で無礼な猿だこと

全ての神の怒りに触れ

神々は猿を罰したが

情け深い法師に救われ

それが西への巡礼の旅の始まりとなった

猿の魔術

 

With a little bit of monkey magic

you'll see fireworks tonight

With a little bit of monkey magic

very thing will be all right

ちょっとした猿の魔術で

今夜は花火が見られるだろう

ちょっとした猿の魔術で

全てのことは上手くいくのさ

 

Born from an egg on a mountain top

The punkiest monkey that ever popped

He knew every magic trick under the sun

to tease the Gods and everyone and have some fun

Monkey magic!

山の頂きで卵から生まれた

これまで飛び出た中で最もパンクな猿

猿は天道様の下で使えるあらゆる魔術を知っていた

神々や人々をからかい、楽しむための

猿の魔術

 

 

歌詞の概要

歌詞は、山の頂きから生まれた一匹の猿 (monkey) が魔術(magic)で好き勝手なことをしていたら、天道様の怒りに触れて罰せられるが、情け深い僧侶に救われて西方への旅が始まるという「西遊記」の内容そのものである。

 

三蔵法師は、孫悟空、猪八戒、沙悟浄を従え、幾多の苦難を乗り越え天竺へ経典の取得を目指す物語であるが、ちなみに天竺とは旧インドのことということだそうだ。

 

ちなみに沙悟浄は、古典の西遊記では水の妖怪ではあるが、カッパではないらしい…。

 

今になって知る真実

 

天竺、タージ・マハルとガンジス川には一度行ってみたいな。

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

西遊記

西遊記