音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年3月_ランキング

SAYONARA (2015年, SAKEROCK )

なんてドラマチックなサウンドなんだ!

 

目次

 

SAKEROCK(サケロック)とは

SAKEROCKは星野源さんを中心として2000年に結成されたインストゥルメンタルバンドである。バンド名の由来は、マーティン・デニーの曲『Sake Rock』に由来する。

 

マーティン・デニーの音楽は、東洋、アフリカ、ラテン・アメリカなどの風土を連想させる ″エキゾチカ″ というジャンルであるが、SAKEROCKの音楽は、まさに日本版エキゾチカ、ほんわかするような楽曲が多いのだ!

 

しかし、多くのファンに惜しまれつつ、2015年に彼らは解散している。そして、この『SAYONARA』は過去に脱退した2人のメンバーを迎え、5人で制作した最初で最後の楽曲である。

 

メンバー

星野源(ギター・マリンバ)
伊藤大地(ドラムス・口笛)
浜野謙太(トロンボーン・スキャット)
田中馨(ベース)
野村卓史(ピアノ・オルガン)

 

星野源さんと浜野謙太さんは、俳優としても、マルチに活躍している。

f:id:ongaku_somurie:20190218213117j:image

 

SAKEROCKは、ずっと5名で活動していたわけではなく、メンバーが移り変わる。

 

2002年に野村さんの脱退と浜野さんの加入

2011年に田中さんの脱退、

そして3人編成、

しばらく活動を続けるが、その後4年間はオリジナルアルバムは発表されない…

そのためソロ活動に重点がおかれていく

バンドは解散に向かっていく

 

しかし、解散を契機に再び5人が再び集うことになったのだ。解散したメンバーをもう一度集めて、アルバム制作をするなんて、なかなかできないな。

 

そうこの楽曲は特別な楽曲なのだ!!

 

 

『SAYONARA(サヨナラ)』

サヨナラ、それはSAKEROCKというバンドとの別れを音楽にしているかのようであり、カッコよく、ほんわかで、悲しく、寂しく、お互いの気持ちをぶつけ合う、でも最後は清々しく、スカッと前向きに終わるのだ…

 

SAKEROCKは星野さんが、野村さんを誘いバンドメンバーを集めることから、始まりまる。

 

それを示すかのように、SAYONARAの最初はギターとピアノで始まり、音が足され、バンドサウンドに移り変わっていく。

 

演奏が始まると息をのんでしまう。

 

まるで15年間走り続けていた自分達の想いを表現しているかのようだ…

 

そして、圧巻はラストシーン

ものすごく、清々しくて、スカッとしたラストである。こんなドラマティックな曲は聴いたことがない。

 

最初で最後の素晴らしい楽曲

SAYONARA (サヨナラ)

 

次に出会うことはあるのか!?

 

 

音楽ソムリエ

なゆた

 

 

SAYONARA

SAYONARA