音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

Sink (2021年, DYGL_デイグロー)

時間は二度と戻らない。しかし、優しいサウンドに包まれると、前向きになれる!



Viva ガレージロック

どこか哀愁が漂う

古くて新しいシンプルなギターリフ

そして乾いた音色が心地よい

 

 

目次

 

DYGL(デイグロー)とは

2012年に結成された日本のロック・バンド。メンバーは秋山信樹(Vo, Gt)、下中洋介(Gt)、加地洋太朗(Ba)、嘉本康平(Dr)の4名。バンド名の由来は、"蛍光色"、"安っぽくて派手"という二つの意味を持った"Dayglo" (デイグロー)という単語がバンドのイメージと合っていると感じ、名付けられた。

 

ガレージロックとは

ガレージ(車庫)で練習するアマチュアバンドが多かったことに由来する名称。1960年代のアメリカ合衆国を発祥としている。また2000年代以降のガレージ・ロックは、ジェット、ザ・ストロークス、ザ・ホワイト・ストライプス、ザ・リバティーンズなどの台頭により、ガレージロック リバイバルと呼ばれ、その後のロックバンドに大きな影響を与えた。


f:id:ongaku_somurie:20210710161917j:image

 

『Sink』

シンプルなギターリフ

良い意味で日本人らしくない声

洋楽を聴いているようで

でも歌詞は繊細

落ち込みながらも

前向きな言葉が並ぶ

やさしく包まれる

ポジティブになれる

 

歌詞

I feel sometimes

Sinking deep in this tiny room

Greetings to you, Dyspnoea

Time ticks then tocks

It just goes on as we slip inside

Don't try to swim backwards

 

When the night gets dark

Can we make it on time?

Do you feel it beating?

Life's the electric dreams

We gon´ all slide through every nights and days

Wasting light

 

All the days that are gone never coming back

When it's coming into pray

Can we get a little closer?

A savage the dream, all in green, feeling numb inside

I'm just trying to float again, sinking deep in my bedroom

 

Like me deny me

My heart is supposed to be bulletproof

But it's so naked after all

Online then offline I'm so done checking on your feed

Trapped in this daze in a haze

 

All the scenes go turning at once

And I wish I'd never hold back

But the timing's just not quite right

When you feel so stuck in this craze

When your mind and spirit's so marred

I'm just wishing you are safe

All after the storm

 

All the days that are gone never coming back

When it's coming into pray

Can we get a little closer?

A savage the dream, all in green, feeling numb inside

I'm just trying to float again, sinking deep in my bedroom

 

Are we done making it better?

Or are we lost between the lines?

Have we found the signs of hope?

Can I make it on time?

Even when I never know your name

Bloots & wounds in wasteful for combat

There's the glitter in the sky

Covered up by this iron gray

If any chances is left

Can I start again?

 

I feel sometimes

Sinking deep in this tiny room

Greetings to you, Dyspnoea

Time ticks then tocks

It just goes on as we slip inside

And I'm still here

In the end

 

和訳

時々感じる

小さな部屋で落ち込んでる

君に挨拶もできず

時計の針は刻まれる

塞ぎ込んでいても時間は進んでいく

後ろ向きで泳ぎたくない

 

暗い夜がやってきたら

時間の流れに乗れるのかな?

君はどう思う?

人生は夢のように終わる

日々はあっという間に過ぎ去っていく

電気の無駄遣いだな

 

過ぎ去った日々は二度と戻ってこない

時が進み始めたら

僕らの距離は少しでも近づけるかな?

夢に向かうけど、未熟で、感覚がない

ベッドで落ち込んで、がんばろうと思う

自分を好きになったり、嫌いになったり

僕の心は防弾仕様なのに

本当は生身だった

オンライン、オフライン

あなたの投稿を気にしている

ぼんやりとした場所で閉じ込められ

急に態度が変わる

我慢しなくていいのに

タイミングが悪いな

流行に流され

傷つけられた時は

君が安心して暮らせるように願う

嵐が全て過ぎ去った後も

 

過ぎ去った日々は二度と戻ってこない

時が進み始めたら

僕らの距離は少しでも近づけるかな?

夢に向かうけど、未熟で、感覚がない

ベッドで落ち込んで、がんばろうと思う

 

僕らは少しでもよくなれたのかな?

それともあの時から何も変わっていないのかな?

希望の兆しは見つけられたかな?

まだ間に合うのかな?

君の名前を知らなくても

無駄な戦いで傷つき血が流れる

空には光る星がたくさんある

今は鉄の塊に隠れて見えないけれど

もう一度見ることができるのかな?

 

時々感じる

小さな部屋で落ち込んでる

君に挨拶もできず

時計の針は刻まれる

僕はまだここにいる

最後まで

 

歌詞の意味

短い言葉が連なる。『Sink』は「沈む」の意味、そこから派生して「落ち込み、落胆」などの意味をもつ。

 

今日やってしまった失敗に

自分が情けなく、すごく嫌になる時がある

誰も居ない時に

思い出して

…あーー!!!

ってなる

 

時間はどんどん進んでいく

そして過ぎ去った日々は二度と戻ってこない

夢に向かって少しでも良くなるように動くが

未熟で上手くできない

その葛藤

ベッドで突っ伏して

またがんばろうと思う

 

ネガティブなテーマだけど、ポジティブな言葉もたくさん綴られているのが、独特だと思う。

 

最後には『Sink』から解放されれば良いのにな…

 

音楽ソムリエ

なゆた

Sink

Sink

  • Hard Enough
Amazon