音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

マヨイガ (2021年, 羊文学)

あなたには居場所がある!

 

やさしい声

おかえり もう大丈夫だから

その言葉と響きに

…ほっとする

 

 

目次

 

羊文学とは

塩塚モエカ(Vo, Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)の3人からなるオルタナティブロックバンド。繊細ながらも耳に残る心地良いメロディと、それぞれのパートが奏でる力強いサウンドが魅力である。

 

『マヨイガ』

迷い家(まよいが、マヨイガ、マヨヒガ)とは、東北、関東地方に伝わる、訪れた者に富をもたらすとされる山中の幻の家、又はその家を訪れた者についての伝承の名である。

 

この伝承は、民俗学者・柳田國男が岩手県遠野地方に伝わる逸話、伝承などを記した『遠野物語』に記載されている。

 

本楽曲は2021年8月27日公開の映画『岬のマヨイガ』の主題歌となっている。原作は柏葉幸子による日本の児童小説であり、遠野物語を彷彿とさせる伝承や妖怪に出会う日常ファンタジーである。

 

ある事情から家を出た17歳のユイと、両親を事故で亡くしたショックで声を失った8歳のひより。それぞれ居場所を失った2人は、不思議なおばあちゃん、キワさんと出会い、岬に建つ古民家「マヨイガ」で暮らすことことになり…。


f:id:ongaku_somurie:20210819231141j:image

 

イントロがいい

ディストーションのかかったギター

普通なら激しく聴こえるはずなのに

穏やかで優しい

不思議だ…

 

ドラムとベースは力強く

疾走感を感じさせる

 

動画共有サイトを意識して数秒で視聴者の心を掴まなければいけない音楽が多い中、イントロの響きが素晴らしく良い!

 

歌詞

おかえり ずっとまっていたよ

もう大丈夫だから

おやすみ 君の明日はどうしたってやってくる


行け 行け その明日がきみを苦しめようと

行け 行け 痛み知る優しい人でありなさい


言葉よどうか いつもそばにあり

これからの奇跡に全部形を与えてください

そうしてきみは小さな幸せ

宝箱いっぱいに集めて世界を愛してください

 

でっかい夢も 綱渡りの不安も

話してごらん 未来を今始めよう

萌ゆる草木のように逞しく生きて

傷ついたら泣きなさい


行け 行け その先が闇に思えようと

行け 行け 今ここにあなたを信じる場所が

ある


命よどうか 輝きをやめず

これからの奇跡を全部、僕らに照らしてください

そうしてきみは ありあまる夢を

花束いっぱいに抱きしめて

世界を愛してください


祈っている、たとえどんなに遠く離れても

君の今、君のすべてが、喜びで溢れますように


おかえり ずっとまっていたよ

もう大丈夫だから

おやすみ きみの明日はどうしたってやってくる

 

 

自暴自棄になることはある

居場所がないなら尚更だ

落ち着けない

不安で眠れない

孤独感がつもる…

 

なんでも良いから安心できる人、場所、もの

あったらいいんだけど

見つからないなら

少しの勇気で

誰かに相談してみて欲しい

 

明日はどうしたってやってくる

きっと良い方向に進む

大丈夫だから

 

音楽ソムリエ

なゆた