音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

そこにあったから (2021年,MONO NO AWARE)

いつまでもみな幸せでいて故郷の風景をこの曲に想ふ…



大事な人を失うのは悲しいな

会えないことは一緒でも

どこかにいてくれるのと

どこにもいないのは

同じようで

まるで違うから…

 

目次

 

 

MONO NO AWARE (もののあわれ)とは

東京都八丈島出身の玉置周啓(たまおきしゅうけい Vo&Gt)と加藤成順(かとうせいじゅん Gt)が、大学で知り合った竹田綾子(Ba)、柳澤豊(Dr)と2013年に結成した4人組バンド。

 

1970年代のポピュラーミュージックを想わせるような優しい音。ポップの世界にいながらも、多彩なバックグラウンド。言葉遊びに長けた歌詞。ジャンルの枠に囚われない自由な音楽が独創的だ。

 

バンド名のMONO NO AWARE (もののあはれ) は言葉の響き、無常観、とどまることがないという意味が込められている。一つの音楽に縛られることなく、様々なジャンルに挑戦し続けている。

 

『そこにあったから』

何回繰り返し聴いたか分からない

そのくらい聴いた

良い…。

 

海をモチーフにした楽曲、故郷に帰ることもままならない状況、かつて見た風景を思い起こす人も増えたと思う。

 

船が波に揺られ

おひさまが照り返す蒼い海

風にそよぐ森の木々

風景と感情

音楽から感じ取れるから不思議だ

 

イントロのギターのアルペジオのリフ

鳴っていないところでも

鳴っている感覚

リズム

浮遊感ある不思議な音

新しいけど、どこか懐かしさ、哀愁漂うメロディー、すごい!


f:id:ongaku_somurie:20220113195545j:image

 

歌詞

作詞:玉置周啓

作曲:玉置周啓

私の好きなもの
風にそよぐ森の木々たち
誰にも奪われない
初めからそこにあったから

私の好きなもの
おひさまを照り返す海
誰にも邪魔されない
初めからもうそこにあったから

風が吹くように 雨が降るように
わたしは生まれて
雲が浮くように 波が立つように
あなたと出会っただけ

私のいるところ
あなたが今までいたところ
間に引かれた線を飛び越えて
鳥たちは飛んでいる

風が吹くように 雨が降るように
涙がこぼれて
雲が浮くように 陽が差すように
あなたが現れて

いつまでもみな幸せでいて

水平線の向こうにさえ行けない
生まれる場所さえ選べない

私が選べるものは
これから向かう場所だけなの

風が吹くように 雨が降るように
わたしは生まれて
雲が浮くように 波が立つように
あなたと出会ったら

いつまでもみな幸せでいて

誰にも邪魔されない
初めからもうここにあったから

 

歌詞の意味

初めからあったもの

誰にも奪われないし、邪魔されない

故郷の記憶が甦る

自分が好きだった場所や人

いつまでも残る情景

 

生まれる場所を選ぶことはできない

人生のスタートはそれぞれ違う

そこにあったものは良くも悪くも変えることはできない

鳥が飛び立つように故郷から離れると

育った場所の大切さを認識できる

 

辛いことが起これば

現れ、励まし、支えてくれる

自分が暮らしていた故郷を想う気持ち

大切な人を想う気持ち

簡単には戻れない 会えない

どうしようもできない

だけど皆を心配する気持ちが溢れる

 

聴いていて温かくなる

やさしい

言葉を大切にした楽曲だ

 

そこにあったものは

動かすことはできない

でも嘆く必要はない

これから向かう場所は選べるのだから…

 

音楽ソムリエ

なゆた

そこにあったから

そこにあったから

  • SPACE SHOWER MUSIC
Amazon