音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

Coincidence (2018年, KID FRESINO)

スティールパン音色、押し寄せる弾音がすごい!



 

独特の音色

怒濤の曲展開

押し寄せる音

KID FRESINO『Coincidence(偶然の一致)』

 

目次

 

KID FRESINO(キッド フレシノ)

1993年生まれのラッパー、DJ、トラックメイカー。JJJ、Febb とともに結成したヒップホップ・ユニット”Fla$hBackS”として活動。
2013年『Horseman’s Scheme』でソロデビュー、その後コンスタントにソロ、共作アルバムの作品を発表する。NY在住中の2016年にバンド編成での楽曲制作をスタートし、帰国後、本格的に音楽活動を再開。2018年にリリースしたアルバム『ài qíng』が反響を呼び、音楽シーンから幅広い注目を集める。

 

最近ではSTUTS & 松たか子with 3exesによる楽曲『Presence』にも参加している。

 

 

『Coincidence』

バンド編成は

三浦淳悟 (bass / PETROLZ)

斎藤拓郎 (guitar / Yasei Collective)

石若駿(drum)

小林うてな(steelpan)

 

注目すべきはスティールパンという見慣れない楽器。独特の響き、揺れる音色、浮遊感のあるグルーヴ、怒濤の展開、素晴らしい!!


f:id:ongaku_somurie:20220108233227j:image

 

歌詞

例えば we all die for this shit
この warfere you're the reason why I sing
No face killer ain't no mercy
そう曖昧に focus on somethin'
平行線 依然踊る nani
Came from fuck bottom but now stunning
コンクリート 染める rain
Without warning all night ey 脳内 no party
Hey モノクローム イメージ
Oldei tracks still amazing
The lonely road no damage
I am just playing バイパスに遺伝子
I go buy another ring
I go hard another level
I go make you make up y.f.g
No distance left but I maintainin'
Now look at me dancing on my own
Living in the hall like a rodeo time is long gong
Game is the game ma the same it no more
Noname says no one safe no more
In this happy city
Let us think a minite
世は代わる代わる まあ様子見
It could be you, or me, what?
Pop in the heat the heat
わずか秒で回るひ, heart is blue with capital B
雲を抜けてplaneは spaceに迫るforeigners
時計仕掛けで動き出す
I dont know why, they treat me like
That meditate, never work out
Tell me nothin im a local
We livin you die, 今 talk out
そう謂れない 罪が忘れられない
We play, winter weekday
Nosh amen, lets toast champagne
束の間のweekend, からmidnight 未明
Just cool out so you gotta stay up
Classic like you and me
I will never be the same whole new thing
I say Classic, like you and me
I will never be the same whole new thing
Yeah, my gold chain invisible
Look, we got snare incredible
Hey your whore team is forgetable
Hey you know that ok say no more
Wow, lone kid in the studio
No, no light 中 手に取る
Get it back song cry 葉が散るよう
Hey 放る松明 弾く腕にiron
気の触れたソーサラー like Kanye
Matadorが通るぜ like karmen
その線の先端 I like this
One deepに inhale and exhale
Sell it all 狭い世界にアクセス
身に余るセンス送る各base
飛ばすアクセル踏めば
Lane泳ぐrayの様にゴージャス a coincidence
Look at me dancing on my own
Living in the hall like a rodeo time is long gong
Long gong, long gong
I'll be long gong

 

歌詞の概要

君のために歌っている

ネット上の誹謗中傷に慈悲はない

最低な状態から今では見事なまで

脳内に心踊ることはない

 

そんな中モノクロームのイメージ

クラッシックなトラック

今だに素晴らしい

欲しいものを探しに

懸命に

作り上げる

終わりは近いが最後まで

 

一人で踊っている

俺を見て欲しい

心地よい時間に長く一緒にいられる

 

誰も安全じゃない

君と俺

熱い熱いポップミュージックの感覚

あっという間に回る日

 

気分は沈む

雲を抜けて飛行機は宇宙まで

時計は動き出す

なぜか瞑想しているようだと言われる

噛み合わない

俺は普通の人間だ

 

クラッシックのような不変の価値は

まるで君と俺

決してかすむことはない

素晴らしいスネアが鳴る

一人っきりのスタジオ

光がない

歌声を取り戻せ

レーンを泳ぐ光の

光線のように華やかに

偶然の一致

 

 

あとがき

君との関係がいろんなことに

偶然の一致

 

たまたま出会った過去の名曲

その音を活かすことで生まれる曲

君との出会い

 

セレンディピティは大切に…

 

音楽ソムリエ

なゆた