音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介   ⇒☆2021年_ランキング

マンマミーヤ!(2017年, MONO NO AWARE)

素晴らしい出来事が起こるマンマミーア!



あなたの自慢の料理は何ですか?

得意料理を1つくらいは持っておきたい

と思う今日この頃

そして、この楽曲はセクシーで魅惑的

MONO NO AWAREの「マンマミーヤ!」

 

目次

 

MONO NO AWARE (もののあわれ)とは

東京都八丈島出身の玉置周啓(たまおきしゅうけい Vo&Gt)と加藤成順(かとうせいじゅん Gt)が、大学で知り合った竹田綾子(Ba)、柳澤豊(Dr)と2013年に結成した4人組バンド。

 

1970年代のポピュラーミュージックを想わせるような優しい音。ポップの世界にいながらも、多彩なバックグラウンド。言葉遊びに長けた歌詞。ジャンルの枠に囚われない自由な音楽が独創的だ。

 

バンド名のMONO NO AWARE (もののあはれ) は言葉の響き、無常観、とどまることがないという意味が込められている。一つの音楽に縛られることなく、様々なジャンルに挑戦し続けている。

 

マンマミーア!(mamma mia)

イタリア語、直訳すると「私のお母さん」を意味するのだが、「なんてこった!」など驚いた時に使用される言葉。英語の「oh my God!」の同様の意味だ。

 

この楽曲

とにかく演奏がよい!

PV や歌詞も相まってユーモラスなイメージが印象に残るのだが…

一つ一つの楽器の音と鳴り

軽快なドラムス

ベースの厚みある音

レトロなギターサウンドとカッティング

バンドサウンドの良さが引き立つ


f:id:ongaku_somurie:20220807210346j:image

 

歌詞は、君を魅力的なお料理に比喩して表現

よくよく意味に注目してみると

なかなか艶があって好きなのだ

 

歌詞

クックドゥードゥルドゥーと鳴く君の
そのむね肉に飛び込み泣くのさ
「あなたは私の中で生きてゆく」と

カップヌードゥルドゥー
私たちの人生はお湯を入れたら最後
時間に追われる運命さ

君の自慢のお料理を見る

照れるぼんじりの憂いを帯びる丸みや
サバのあばらのカーブや
夜の梅のおもかげも

いわゆる二天王、命を操るキノコや
まほろばに生えるピーチには
万に一つもかなわないのさ

君の自慢のお料理を見る

頬張れば頬張るほどに広がる
咀嚼ネットワークが広がる

もういい!どうにでもなる気がする

 

歌詞の意味

料理 ≒ 君

として意識してみると

魅惑的な世界が視えてくる

憂いを帯びる丸みや

あばらのカーブ

夜の梅のおもかげ

やわらかい言葉

浪漫だな

 

任天堂のマリオやソーシャルネットワーク

という言葉選びが

なんとも愉しい

 

お湯を入れたら最後

時間に追われる運命

でも「どうにかなるような気がする」

 

ちなみにマリオはイタリア系アメリカ人

だから「マンマミーア」と言っているそうです。

 

このPVを見てから、カップヌードルにお湯を注ぐとき、無性に真似したくなる私だけか…。絶対やけどするからやれないが、お湯を注ぐ前のリズム感がめちゃくちゃ素敵だ!

 

マンマミーア!

な人生を送れるようになりたいな

 

 

音楽ソムリエ

なゆた