音楽ソムリエ

おすすめの楽曲を紹介しています!

過去、現在、未来をテーマに邦楽・洋楽、ジャンルレスに独断と偏見による音楽紹介

Sunday Candy (2015年, Donnie Trumpet & the Social Experiment)

日曜日に貰えるキャンディの思い出

 

祖母が亡くなった…

87歳

 

ごうかいな人だった

自分が小さい時

すごく大きく見えた 

パワフルだった

いつもそばに居てくれてた

嬉しそうに話を聞いてくれた

 

元気がない時は

”しょーもない顔して、どうしたん?”

いつも気にかけてくれた

実家に帰ると

”おあいそなしに”と

温かく迎えてくれた

 

身体の調子が悪くなるとがまんした

がまん強かった

誰かに助けてもらおうとしなかった

いつの間にか悪くなっていた

話ができなくなった

ご飯が食べれなくなった

起き上がれなくなった

黄色くなった

何もしてあげられなくなった

 

自分が大きくなると

久しぶりに会った祖母はすごく小さく見えた

しぼんでしまったかのようだ

時間は残酷に過ぎていく

しっかりと向き合って話すことは

いつのまにかできなくなっていた

 

でも眼をつむるとパワフルな祖母が蘇る

小さい頃に見たまんま

何故かそのままの姿で現れるのだ

時間は止まったまま

いつまでも元気なまま

 

目次

 

 

Donnie Trumpet (ドニー・トランペット)とは

イリノイ州シカゴ出身のアメリカ人トランペッター兼レコード プロデューサー。現在はバンドThe Social Experimentで演奏している。

 

The Social Experiment

ボーカルのチャンス・ザ・ラッパーことチャンセラー・ベネットが、地元シカゴの仲間と組んだ5人組バンド。シカゴで受け継がれてきた60~70年代のノーザンソウルのアレンジを取り入れた音楽、そして現代のダンスミュージックの融合が特徴的だ。

ソウル・ミュージックの中でも、ブルージーでディープなサザンソウルに対して、洗練さとオシャレ感を前面に出したアメリカ北部系のサウンドをノーザン・ソウルと呼ぶ。

 

Sunday Candy

チャンス・ザ・ラッパーが、自分の祖母を想い作った曲。幼い時にキャンディを貰うために通っていた日曜礼拝、大好きだった祖母への想いが歌に込められている。

 

イントロのピアノ和音のビート

擬音語を交えたラップ

管楽器のふくよかな音

ダンスアレンジのビート

ゴスペル調のコーラス

ノーザン・ソウルが心地よく染み込む

 

また、ホンダのCM、Hondaハートプロジェクトにも使われており、耳馴染みのある方も多いのではないかと思う。歌詞やその意味についてもぜひ知ってもらいたい。


f:id:ongaku_somurie:20221117231417j:image

 

歌詞

She could say in her voice, in her way that she love me
With her eyes, with her smile, with her belt, with her hands, with her money

I am the thesis of her prayers
Her nieces and her nephews are just pieces of the layers
Only ones she love as much as me is Jesus Christ and Taylor

I got a future so I'm singing for my grandma
You singing too, but your grandma ain't my grandma

Mine's hand made, pan fried, sun dried
Southside, and beat the devil by a landslide

Praying with her hands tied, president of my fan club
Stand tall, something told me I should bring my butt to church


You gotta move it slowly
Take it in my body like it's holy

I've been waiting for you for the whole week
I've been praying for you, you're my Sunday candy


Come on in this house, 'cause it's gonna rain
Rain down tired, it's gonna rain

You better come on in this house, 'cause it's gonna rain
Rain down tired, it's gonna rain


I come to church for the candy, your peppermints is the truth
I'm pessimistic on Monday if I had tweaked and missed you

You look so good with that hat on, had to match with the shoes
Came and dressed in the satin, I came and sat in your pew

I come to Christmas for dinner, fifty rolls on my plate
Hella holes in my stocking holding your pockets in place

I like my love with a budget, I like my hugs with a scent
You smell like light, gas, water, electricity rent

You sound like why the gospel choir got so tired
Singin his praises daily basis so I gotta try it

You're my dreamcatcher, dream team, team captain
Matter fact, I ain't seen you in a minute let me take my butt to church

 

You better come on in this house, 'cause it's gonna rain
Rain down tired, it's gonna rain

 

You gotta move it slowly
Take it in my body like it's holy

I've been waiting for you for the whole week
I've been praying for you, you're my Sunday candy

 

You better come on in this house, 'cause it's gonna rain
Rain down tired, it's gonna rain


 

歌詞の意味

ばあちゃんなりに、自分の声で伝えてくれた 

僕を大好きだって

優しい眼差し、笑顔、時には厳しく、手を差し伸べて、お小遣いも、色んな事で伝えてくれた

 

だからばあちゃんには幸せになって欲しい

僕は、ばあちゃんに一番可愛がってもらった

姪も甥も、僕には敵わない

僕と同じくらい愛されたのはイエス・キリストとテイラーだけ


もうすぐどうなるか分かるから、ばあちゃんにこの歌を届ける

君も歌うかもしれないけど、僕のばあちゃんとは比べものにならない

僕のばあちゃんは手料理、炒め物、干した料理だって得意だ

サウスサイド出身で、悪魔も地面を崩して倒しちゃうんだ

ばあちゃんは手を合わせて祈ってる

僕のファンクラブの会長だって

時々教会には行きなさいって


ゆっくりと進んでいきなさい

しっかり食べて身体は大切にしなさい

一週間ずっと待っていたのよ

ずっとあなたのことを祈っていたの

あなたは日曜日の礼拝で貰えるキャンディみたい

帰っておいで、じきに雨が降るから

雨は退屈、でも雨は降るのだから


僕はキャンディを貰いに教会に行ってた

ばあちゃんのペパーミントは真実

ばあちゃんに会えなかったら、次の月曜は残念な気持ちだ


帽子と靴がとても似合ってた

かわいい服も、隣の席に座りに来たよ

クリスマスは一緒に過ごそう、皿にはたくさんの料理

プレゼントの靴下は用意しておく

中には愛を詰め込んで

ハグしたときの香りも愛おしい

声を聞くと落ち着くんだ

聖歌隊のゴスペルみたいな声

見習わなきゃいけない

ばあちゃんのようにお祈りしないとな

一緒にいたら悪い夢は見ない

いい夢ばかり見させてくれる

また教会に誘ってよ

 

ゆっくりと進んでいきなさい

しっかり食べて身体は大切にしなさい

一週間ずっと待っていたのよ

ずっとあなたのことを祈っていたの

あなたは日曜日の礼拝で貰えるキャンディみたい

帰っておいで、じきに雨が降るから

雨は退屈、でも雨は降るのだから

 

 

あとがき

この歌が ”ばあちゃん”の歌と知って

自分のばあちゃんを思い出していた

驚くほど、いくつもエピソードが出てくる

 

柿の柄の服を着ていた

銀色ピチピチなセーターを着ていた

入れ歯なのに硬いものを平気で食べてた

髪型はくるくる白髪パーマ

出で立ちはアヴァンギャルドだった

 

阪急電車でラッシュにバッタリ会って

そのアグレッシブさにビビった

ご飯にフリカケをかけていたらなぜか怒った

弟の後ろに立つと、弟のスタンド能力に見えた

かいわれの栽培のバイトをしていた

車にひかれて骨を折ったとき、救急車を呼ばず、おんぶで病院に連れて行ってくれた

 

退屈な雨が降る時、いつも味方でいてくれる人

いつも心配してくれる人

ありがたかった

 

とにかくユニークな人だった

ただただ悲しい

この曲を聴いて

たまには会いに行きます

元気でパワフルなばあちゃんに

 

音楽ソムリエ

なゆた